書籍編集者 城村典子のブログ

本を出版したいと考えている方へ。出版で夢を実現しましょう。

出版をすることで、人生の夢を叶えた人が多くいます。

本を出すこと自体に夢を感じている人以外にも

  ・知名度が上り、ステイタスの高い人脈が増えた
  ・講演依頼が来る、講師採用の質が格段に上がった
  ・メディア露出が増えた
  ・自分の生まれてきた意味がわかった
  ・家族関係がよくなった

            などなど、挙げたらきりがありません。

私は、今まで多くの著者をみてきて、
出版は間違いなく成功へのステップだと確信します。

ぜひ、注意してほしいことがあります。

それは、人のステイタスによって、成功への階段が違うということです。
著者の数だけ成功パターンが違いますが

しかし、それでは、方法が無数になってしまうので

下記の3パターンでお伝えします

1、中小企業の社長・経営者、医師など

  自分が組織の長で、組織や仕組みでビジネスモデルが動いている人

  自分のために避ける時間を効率よくつかいたい、本業に専念したい


2、講師、講演家など

  自分の個人名の知名度をあげたいと考えている人

  自分のために勉強する時間をさくことができる


3、ご自身の記録や作品をのこしたい

  創作やコレクションなど研究してきた成果などを残したい

  自身の今までの軌跡を残したい

 

 

中小企業の社長・経営者、医師の方はこちら

自分の伝えたいことは何かを見失わないように

商業出版をするなら、

ご自身の伝えたいことと、出版社の出したい本が一緒かをチェックする必要があります,

出版社は本が商品です。

出版社のつくりたいものを、出版社のペースでつくりたい
それに自分が乗れるのか、考える必要があります。
自分の伝えたいこと、出版で成し遂げたいことを
理解してくれる出版社とチームで出版することで
成功へのステップを確実に上ことができます

こちらのURLへ↓
http://jdiscover.jp/president-book/nayamiwokaiketsu/

講師、講演家の方へ

出版業界のことを知っておきましょう

商業出版は、出版社のインフラを使って
著者の発信ができる仕組みともいえます。

しかし、出版社は本が商品
出版社のつくりたいものを、出版社のペースでつくりたい
なので、出版社・業界を研究し、出版に臨むことをおすすめします。
相手を知り、攻略法を考えることで
成功へのステップを確実に上ことができます

詳しいステップはこちらのURLからどうぞ ↓
http://jdiscover.jp/publish/jdiscover-publication-support-program/

自身の記録や作品をのこしたい

作品や記録などのコンテンツを評価してもらいたい人は、

その作品ジャンルの公募に応募しましょう。

作品や記録などのコンテンツを残したいと考えるのであれば
編集でどこまで高めるを決める。
また、
どの出版社、あるいは印刷所で本をつくるのかなどの
セルフプロデュースが必要です。

こちらから、お問い合わせください
    ↓

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP