書籍編集者 城村典子のブログ

Jディスカヴァーは、「著者・作家の成功」に注力する出版エージェントの会社です

Jディスカヴァーは、「著者・作家の成功」に注力する出版エージェントの会社です。

 

Jディスカヴァーの「出版コンサルティング」は、
一人ひとりの著者の成功に対して、とことんこだわります。

✓売れる本の著者になりたい

 ✓商業出版で信用力を上げたい

 ✓自分の培った知見を社会に発表したい

 ✓著者・作家になる夢を叶えたい

 ✓本を出して欲しい、周りの期待に応えたい 

         など、一人ひとりの出版の目的に合わせたコンサルティングをいたします。

 

★Jディスカヴァーの出版コンサルティングは、
            なぜ評価が高いのか?
            


1 著者の目的・状況に合わせた計画の提案により、無理なく前に進むからです。

2 2年間のコンサル期間ですので、「調査したい」「準備したい」のご希望に応えられるからです。

3 業界30年、40社以上の出版社との取引のノウハウで、一人ひとりの成功への計画を作れるからです。

4 出版社からの信頼があるので、採用確率が高いからです。

5 出版社と著者の相性を重視するので、採用後のクリエイティブがスムーズにできるからです。

 

★こんな心配は不要です!

Q.初めてなので、色々と不安です。

A.出版業界のこと、出版社との付き合い方、また、企画書の技術などの動画教材が豊富なため、繰り返し学べます

 

 Q.出版社や出版プロデューサーに、売れない企画と言われてきました。

A.そう言われてきた方が、何人も商業出版を実現しています。

類書の調査と相性のよい出版社の調査により、エッジは必ず見つかります。

 

 Q.企画を考えるのが苦手です。

A.オリジナルのワークシート、教材、ディスカッションなどで、どなたでも立案が可能です。

 

Q.執筆の時間がありません。

A.ライティンスタッフが充実していますので、作業はプロに任せて著者は「考える」ことに集中

できます。

 

Q.本の広め方がわからないのですが…。

  A.1,000人以上を見てきた本の広め方プランリストを伝授いたします。あなたにあった広め方が

見つかります。

Q.サラリーマンですので顔が出せず、本が拡散できないのですが…。

 A.顔を出さずにビジネスネームでも方法はあります。一緒に対策を練って行きます。

 

 

なぜ、Jディスカヴァーが提供できるか?

それは、長いキャリア豊富な出版社との関わり、そしてスタッフが充実しているからです。

 

Jディスカヴァーがご提供する出版コンサルティング

◆時間のない方や、経営課題解決にクローズアップした出版をお考えの方

 ⇒ 「100%企業出版コンサルティング」がおススメです。

《コンサルティングメニュー》

  *ビジネスモデル調査
  *出版企画書立案ミーティング
  *出版企画書ライティング
  *事業推進計画コンサルティング
  *適した出版社での企画採用
  *販促プランニングコンサルティング
  *書籍執筆ライティング

※同時に出版の知識やマーケティングを学べる動画とレジメの教材をご提供いたします。

経営者が出版をすると会社の悩みが解決するってご存知でしょうか?

 

 

◆著者となる学びと体験をして出版をお考えの方

⇒ 「出版サポートプログラム」がおススメです。

《コンサルティングメニュー》
  *出版企画書立案ミーティング
  *適した出版社への出版企画書紹介
  *販促プランニングアドバイス
  *採用後の執筆アドバイス・サポート
 ※同時に出版の知識やマーケティングを学べる動画とレジメの教材をご提供いたします。

Jディスカヴァー 出版サポートプログラムのご案内

 

 

 

 

出版社との出会いを求めたい著者の皆さまへ

「出版企画書お預かりプロジェクト」をご利用ください。

《サービスメニュー》
  *出版企画書をお預かりして出版社へご紹介いたします。
※コンサルティングやご指導はメニューには入っておりません。

著者限定 出版企画書を出版社へ紹介するサービスのお知らせ

 

それぞれ詳しい資料がございます。お気軽にご請求ください。
      問い合わせ  http://jdiscover.jp/contact/

また、「無料相談」もございますので、効果をお試しください。

このページを見た方に
城村典子の個人相談50分(通常3万円)を無料で受け付けます。
*1回のみのご利用になります

希望をされる方は、下記からご応募ください
https://www.reservestock.jp/subscribe/Y2E5M2RjZTYxM

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP