書籍編集者 城村典子のブログ

2015年 本の刊行に向けての準備をしましょう

2015年がスタートしました。
一週間いかがでしたか?
年初の目標に向かって推進できていますか?
スタートしたとたんにボロボロ?
前回は
「あきらめない」ことが大事
と、お伝えしましたが、
そうはいいながら
なかなか「あきらめない」って大変ですよね。
ほとんどの著者が
著述が専門の「著述業者」ではありません。
ビジネス書や実用書の著者というのは
本業が成功しているからこそ
本業に本気で打ち込んでいるからこそ
読者に伝える言葉がでてきます。
なので、本業もとても忙しいのがあたりまえ。
でも「あきらめない」で「継続できている」人は
どこが違うのか。
それは、私から見ると
本を刊行することを「習慣化」しているように感じます。
本を刊行する流れの中には
以下のようなステージがあると思います
・企画の練り込み
 ↓
・出版社、編集者との出会い
 ↓
・企画を詰める、原稿をアウトプットする
 ↓
・本を刊行して広める
 ↓
・さまざまなフィードバックと著者の成長
 ↓
・企画の練り込み に戻る
これが、絶えず循環しています。
著者が成長すると、新しい企画が立ち上がり
本がでて、さらに成長して、企画が立ち上がる。
それぞれのステータスで、パワーは必要ですが
ある種、自分自身の事業(仕事)の一環として
当たり前にがんばっているように感じます。
逆にいえば、常に、次のステータスへの準備を
怠らずしている。
準備の習慣ができているように感じます。
2015年、「おっと毎日の忙しさに埋没していた」と感じたら、
少しずつ、準備を習慣化していただければと思います。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP