書籍編集者 城村典子のブログ

本が出版されると世界が変わる理由

いまさらですが、私は編集者です。
出版社の編集者と一緒に企画をつくることもありますし
著者と一緒に企画をつくることもあります。
著者と企画を一緒につくっていくとき
基本的には、ヒントや書き方はお伝えしますが
基本、自分で書いてもらいます。
大変なこともあります。
著者の中には、
「わかんなくなった!」とか
「考えられない~」という場面に出会うこともあります。
まあ、生みの苦しみはあるでしょう。
一方、びっくりするほど、
著者が世界を変えていく状況もよく目の当たりにします。
一緒に企画をつくる最中に
「こういう著者になってほしい」という
いち編集者の勝手な理想をお伝えしています。
読者はもちろん
自分の本を出した出版社だけでなく
他の出版社や、書店からも見られるわけですし
著者は、かっこいい著者であってほしいですからね。
でも、その私が話す
「勝手な理想」は、とても著者には刺激的なようです。
顔がパーっと明るくなり、
未来をつかんでるかのようです。
そうなった著者は、早いし力強いです。
どんどん、自分の未来に向かって行動していきます。
その行動が、出版社の採用にも大きく関わるし
執筆にも反映されます
そう、本を出版するということは
本が出版されて、世界が変わるのではなく
「著者になる」という行為の中で
著者が世界を変える力を蓄えていくということなんだと
感じます。
本がでるまでに、どれだけ著者が準備ができているか
その準備ができた上に本が出るから、著者の世界が変わり、
また、本が、世界を変えていくのだと
つくづく、実感します。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP