世界のエリートはなぜ「美意識」鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」

『世界のエリートはなぜ「美意識」鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」』
山口周 著
光文社 刊
https://www.amazon.co.jp/dp/B073S1RJX2

 

 

いま「エリート」が美術館のワークショップに参加したり、
グローバル企業がアートスクールに幹部候補を送り込んだりすることが増えている。

単に「教養」を身につけるためではない。
そこには「美意識」を鍛えるという、きわめて実利的な理由があるという。

 

 

すさまじいスピードで変化している現代社会において、
重要な意思決定を行なうエリートに求められるのが「美意識」だ。

なぜなら「美意識」とは、
不透明な社会を切り抜けるうえで明確な判断基準となってくれるからである。

 

アートや「美意識」と聞くと、
いわゆる「クリエイティブ」な領域の話かと思われるかもしれない。
しかし本書で語られる「美意識」は
その領域だけにとどまらず、善悪の判断も含まれている。

長く「論理」や「理性」に重きを置いてきた日本企業はいま、
海外企業に押されて苦境の中にある。
大企業のコンプライアンス違反、
新興ネットベンチャー企業の不祥事も記憶に新しい。
こうした問題の根本には、
数値目標や言語化して説明できる「サイエンス」だけを追求してきたことがあるのではないか。
こうした苦境を乗り越えるヒントとなるのが、
「直感」や「感性」の領域、すなわち「美意識」というわけである。

 

 

現代社会のあり方に疑問をもっている人、
企業経営で行きづまっている人、
あるいは勉強ばかりで疲れてしまった受験生に、とりわけおすすめしたい一冊。
本書を読めば、これから何を大事にするべきかが見えてくるだろう。

これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足をおいた経営、
いわば「サイエンス重視の意思決定」では、
今日のように複雑で不安定な世界においてビジネスの舵取りをすることはできない。

 

 

――「直感」と「感性」の時代――組織開発・リーダー育成を専門とする

コーン・フェリー・ヘイグループのパートナーによる、

複雑化・不安定化したビジネス社会で勝つための画期的論考!

 

 

*この記事は、ネット上の書評を引用して構成しています

 

 

 

★日常を豊かにするための本をと出会うメールマガジン★

発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください

いますぐ登録!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です