書籍編集者 城村典子のブログ

自分の本が海外で出版されるということ

 

「海外出版に近づくためのセミナー」

 

海外の本が日本で刊行される。

日本の本が海外で刊行される。

 

どんなししくみ、流れで出版されるのでしょう?

 

セミナーに参加して聞いてみませんか?

 

 

■開催日時
2016年11月9日(水)

19:00~21:00(受付18:45~開始)

セミナー終了後に希望者で懇親会を予定しています。
(飲食代実費)

 

■内容

・著者が海外で出版するとよいわけ

・日本の本が海外で出版させるまでの流れ

・海外版権の売買事情

・エージェントってどんな仕事?

・トーハンが描く未来型エージェント事業とは?

・なぜ、出版社によって翻訳出版に対する熱意が違うか

・コンマリさんは、村上春樹氏は、ラッキーなのか?

・あなたが、海外出版に向けて取り組むべき、具体的方法

 

■講師プロフィール

瀧井照久(たきい・てるひさ)
株式会社トーハン 国際ライツグループ

城村典子(じょうむら・ふみこ)
書籍編集者/「私が著者になる授業」講師
株式会社 Jディスカヴァ— 代表取締役
青山学院大学「出版ジャーナリズム」非常勤講師
講談社、KADOKAWAなどに勤務。編集者、編集長、事業立ち上げなどの業務を経験のち独立。

■場所:東京都杉並区高円寺 北口徒歩1分 泉ビル6F

■参加費 4000円 (企画上手塾会員 3000円)

著者なら知っておきたい 「海外出版に近づくためのセミナー」

仔細情報・お申込みははこちら

http://www.reservestock.jp/events/150371

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP