書籍編集者 城村典子のブログ

出版社は色々。チャンスをゆっくり待ちましょう

 

「ビアードパパのシュークリーム」をGet!
3コを3人で、わけて食べようということに。
いろいろ味わえて楽しいです。
贅沢な感じです。
当たり前と言えば当たり前なのですが
出版社に勤めているときには、
その出版社の基準が「出版」になるのですが、
今、フリー編集者として仕事をしていますと
なんでもありなので、
この企画だったら、あの出版社がいいかもと
考えられるのが
とにかく楽しいです。
こんな贅沢なことはありません。
いや、改めて自分の立場を考えると
本当に楽しいです。
このところ、毎日のように
違う版元の編集者さんと会っていて
みんな、すごく癖があるので、すごく楽しいです。
企画を見せると、その人の価値観が見えてきます。
一般論で話してるときには、あまり出てこないのですが
食いついてくれる企画の話になると
面白がり方が、面白いです。
もしろん、その前に、
まず、私が、相手に対して、
「これ、おもしろいでしょ~」って言ってるので
先方も、私のこと
「変なの」
って思ってるかもしれませんが。
でも、だから、企画は、相性とタイミング。
企画が通らないからと言って
あまり、あせらず、
一歩一歩、ネタ・企画をブラッシュアップを続けていくことで
チャンスはめぐってくると思います。

無料診断は、こちらをクリック ↓

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP