書籍編集者 城村典子のブログ

出版社の編集者さんには、クオリティの高い仕事をしてほしい

 

現在もそうですし
いろいろな仕事がそうであるとは思いますが、
本の編集の現場は、雑用や調整がとても多いです。

私も会社勤務のときにはそうでしたが
ますます、出版社勤務の編集者さんは忙しいと感じます。

一方、ビジネス・実用など一般書の著者は
著者が本業でないことがほとんどで
実業の実力がものすごい方でも、

著者としての仕事は慣れていないことも多く

クオリティの高いものをつくるには
著者の方と結構ディスカッションや
コンテンツの引き出し方や
全体構成の考え方や、文章の書き方を
お伝えすると、めざましく質が高まります。

でも、それができるのは
私が、独立したから。

出版社に勤めているときにはそこまで手がまわりませんでした。
マイナスの状態できたら、それを0から1にするのが精一杯
ということも。

出版社の編集者さんに完成度の高いものを渡すと
編集者本来の仕事に専念してもらえて
成果が、ぐーんと変わってくる実感があります。

出版社と著者のクオリティの高い出会いをつくりたい。

そのことで、おもしろい本がどんどん
刊行されるといいなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

成功する著者をめざすための、らくらくメルマガ活用勉強会

ほぼ無名な状態から1年で1500メルマガを集めた
USPコーチング講師が、その秘訣を語ります

2月24日  場所・高円寺  参加費・4000円
http://www.reservestock.jp/events/104353

 

関連記事一覧

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ペタだけじゃあれなのでコメントしますね♪今ブログゆっくり読んでみました~(●´ω`●)ゞエヘヘ♪また遊びにきまーす♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP