書籍編集者 城村典子のブログ

「著者になる」目標をもつと、課題をクリアできるわけ 

 

本日は、3年越しで、
本の企画を一緒に考えてる著者さんとMTGでした。
 
彼女は、お店の経営者なのですが
聴く人誰もがうらやむ人気商品を扱っています。
一度も営業しないのに、注文が絶えません。
 
でも、ご本人は、とっても苦労人+謙虚な人で
出会った3年前から
一緒に設定した、新たな課題を設定し、
それをクリアすべく取り組んできて、3年経過しているという具合です。
 
 
今日、改めてお話を聞いていてうれしかったのは、
 
「本を出版する」という目標が
 
こんなにも、人を成長させ、困難を乗り越えて進む力を
もたらすのだなということ。
 
 
 
この3年
「本をだす」というフラッグに向けて歩んで来て
その道中でもいつも本の企画を微調整しながらきたのですが、
 
本の企画を考える=自分のミッションをみつける
 
とうことが自然になっていたからこそ
大きく迷わず、ここにきた、と感慨深いものがありました。
 
 
「著者になる」という決意で
こんなにも変われるなら
決意しない手はないと、思います。
 
 
著者になるタイミングを自分でコントロールするためにも
早目に、準備をするにこしたことはないわけです。
 
 
0からつくる出版企画づくりセミナー1月21日(木)19時~ 高円寺。参加費8000円(企画書アドバイス込)詳しくは、こちら ↓
 

関連記事一覧

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    突然失礼します!アメブロ新着記事から舞い込みました!いろいろ興味深い内容ですね。日記程度に時々しかかけてないけど、良かったら私のブログも見てくれると嬉しいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP