書籍編集者 城村典子のブログ

書籍の執筆依頼が来るようにするには何をすればいい?【出版を成功させるための100の質問】no.1

 

依頼が先方から来るのは
先方もやる気があること前提ですから

話が進みやすいですよね!

 

さて、どうしたら依頼がくるのでしょう?

 

 

一つ確実に言えることは、待っていてはダメで
色々仕掛けておかないといけません。

 

 

お花も、一生懸命咲いて
香りを放ち。蜂を呼び寄せます。

蜂は、自分で探してきているようで
実は、まねき入れられている。

 

編集者から依頼がくるのも
とても似ています。

 

 

私としては

 

1 SNS 自社HP の充実

2 パブリックビューを増やす

3 専門家とつながって紹介をしてもらえる状態を作る

 

の3つをオススメします。

 

 

1 SNS 自社HP の充実

 

フェイスブック、ブログなどの投稿で

自身の強み・専門家であることの表現をします。

 

ご飯の写真や、趣味のペットの話が大半を占めるのは

逆効果になることもあります。

 

検索しない編集者はいませんので

おさえておきたいところです

 

 

 

 

2 パブリックビューを増やす

 

例えば、講師登録をして、一般に見られる状態にする

雑誌や、ウエブの取材を受けたり、連載をする。

 

媒体が入る分、コントロールはしにくいですが

信頼性が高まる効果を狙います

 

また、その媒体に拡散力があればさらに効果大です。

 

 

 

 

 

3 専門家とつながって紹介をしてもらえる状態を作る

 

 先ほどご紹介したように

 

出版社から「こんな著者いませんか?」という声がかかって

当社のメルマガで、募集をして、名乗りが上がって

出版社で企画が進む。

 

と言うことがあります。

 

メルマガに登録してくださっているから

実現したことです。

 

常に、出版に近い情報を手に入れる

私どものようなエージェントとつながる

 

と言うことも有効です。

 

 

 

■まとめ

 

いずれにしろ、自ら出版社に働きかけをすることと

依頼を戦略的に待つ

 

と言うのは、ほとんど、取り組むことは一緒です。

 

あとは、最終のツメを

待つのか

自分から働きかけるのか。

 

 

いずれにしろ、企画の採用確率をあげていく過程で

十分依頼が来てもおかしくない状態になり、

 

なので、採用がされるし

依頼も来る

 

 

と言うことなのだと思います。

 

 

そして、依頼がくる(採用確率を高める)状態にすると

自ずと、著者のマーケティング能力が高まっている。

 

ということになり、

本が売れやすくなるので、

 

いずれにしろ、著者になるために

 

1 SNS 自社HP の充実

2 パブリックビューを増やす

3 専門家とつながって紹介をしてもらえる状態を作る

は取り組んでおきましょう。

 

 

 

著者になるための動画講座あります!

【本を広めるための販促マーケティング】動画教材

https://www.reservestock.jp/stores/article/4253?article_id=18231

 

【出版を成功させるための100の質問】まとめサイト

 

 

無料メール講座
「あなたの出版が確実に成功する方法」
登録いただいた方にもれなく
「著者なら知っておきたい話し方のコツ」
動画プレゼント

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP