書籍編集者 城村典子のブログ

出版社/編集者とは、繊細な恋愛関係 

 

昨日は、15刷のベストセラー作家中尾ゆうすけさんと
「著者という目標を達成する」ためのセミナーを実施しました。

その中尾さんの話を聞いても、

私の日頃の経験を考えても

つくづく、出版社/編集者と、著者の関係は

「恋愛」に類似していると感じます。

出版社に対して

「配本数が少ない」とか
「印税が少ない」とか

いろいろ言っても

「あなたの、鼻はもっと高くなくてはいけない」
とか

「年収は2000万円はなくてはならない」

と言っても

では、他の方を選んでください

ということのように、

出版社が出しているものは

それが実態であったり意思なので、

交渉で変わるものではないと思います。

逆に
最初から

「鼻が高い人でなくてはいけない」

「年収2000万円はなくてはならない」

ということであれば

そういうことを先に掲げて

接点を持つということだと思います。

また、最初の自分の方針を伝えた上で
軌道がずれているのだとしたら

それは、話し合いをするということだと思います

それだけに、自分がなぜ、出版をしたいのか

についての気持ち、軸をしっかりもっておことが大事です。

・・・・・・・・

〈無料〉
あなたの個性が解明され「あなたが出版をする意味と理由」がわかる診断

http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2063

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP