書籍編集者 城村典子のブログ

出版企画書は、「自分の言葉」で書くことが重要

 


そんな、企画書は自分の言葉で書いてるでしょ!
って、思いますよね。

でも
使ってる言葉にもっとこだわると
企画書は、さらにいいものになります。

もともと、
人の価値観や、物の見かた、捉えかた、
本当に、一人ひとり違います。
持って生まれた、素質や
育った環境でも、さらに変わります。
その違いを憎んでも
嫌っても、何も発展がなく、
その違いがあるから、おもしろいし、
個性が輝くと思います。
出版企画書も、
優等生な言葉より、その人らしい、表現
この人の体験があったから、この言葉がある
そういう企画書がおもしろい
そういう本だから、世にでて
他の本と差別化できる。
そう思います。
ご自身の個性をみがいて
自分の言葉を磨いて、いけるといいですね
詩の発想から
言葉を、探究しませんか?

Jディスカヴァー主催
「詩の発想を学んで仕事に活かす勉強会」
開催いたします。

4月18日 19時~21時

1部 講師:城村典子
・言葉は人を超えられない
・オリジナリティーを生み出す方法

2部 講師:マツザキヨシユキ氏
・言葉を生み出す発想法
・言葉に対して意識的に向かう練習
・詩の鑑賞を通して表現力の磨き方を身に付ける

参加費 4000円
(詩の講評つき)

仔細はこちら ↓

http://www.reservestock.jp/events/111696

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP