書籍編集者 城村典子のブログ

優等生になると企画書が採用されないわけ

とある、著者の方と、出版セミナーをやろうというMTGをしました

その方は、3冊本を刊行されているのですが、

そのうち2冊が増刷。

すばらしい実績です。

私は、出版社に勤めていた編集者の経験と
現在、フリーで活動する経験からの話を、

その著者の方には
著者を体験したからこそのお話をしていただきます。

どういうコンテンツをお伝えするかのディスカッションをして
いくつか、課題が見えてきましたが

そのひとつに

みな、出版企画書の書き方が間違ってる

あるいは、

企画に対する考え方が間違っているという話がでました。

そう、優等生に書こうとする人が多いのですが

もちろん、わかりやすく書く必要はあるのですが

掘り下げ方が違う

超優等生より

変わってる!

オリジナリティがある!

という方向の方が、

編集者はくいつきやすいのです

究極、自分の個性、差別化を追求する方が
正解があるのです。

YouTubeでも、お伝えしています

・・・・・・・・・・・・・・
次回は3月16日(水)
18時30分~21時
場所・高円寺
参加非8000円 (企画書アドバイスつき)
仔細・申し込みは、こちら ↓
http://www.reservestock.jp/events/104277

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP