書籍編集者 城村典子のブログ

企画書は、紙に書いてから、考える

 

いろいろな、アイデアや、企画は、みなそうだと思いますが、

まず、考えていることを紙にすると、いろいろ見えてきますね。
自分が何をしたいのか、客観的に眺めることが重要なのだと思います。
ときおり、出版企画書を、紙にするだけで、やっと
という方もいますが、
ぜひ、企画をまず、紙に表わすことは、慣れてもらって
むしろ、ここから、考え始める
という癖をつけてもらえたらと思います
いずれにしろ、著者には、執筆するという過程もあるので
自分の考えを書くことになれてほしい
また、紙にすると、恥ずかしい
うまくできない
という方もいますが
一発で、いい企画書を書くなんて
誰だって無理えす。
なので、最初から、完成度の高いものを
もとめるのではなく
さらによくするためのたたき台だと思って
企画書作成ができると
どんどんいい企画書ができています。
企画書を書くことに、慣れて、いい企画書をつくってきましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「0から始める出版企画書づくり」
6月は、2回開催します

6月7日(火)
http://www.reservestock.jp/events/125608

6月23日(木)
http://www.reservestock.jp/events/122834

いずれも18時30分から21時まで

高円寺Jディスカヴァー事務所

参加費 8000円(会員4000円)

フィードバックつきです。

毎回、大好評です。

ご参加ください

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP