書籍編集者 城村典子のブログ

真摯に取り組んでいると 、出版のタイミングは「最善」でやってくる

 

今、私と一緒に出版企画書を作成している方々の中には

かつて、出版の話が進んでいて、

諸事情でストップした方

今まで、なんらかのカタチで
出版をしかけた
という方がいます

その方たちが、

「あの時、出版していなくてよかった」

出版には、ご縁とタイミングがあるから
今、進められてよかった

と言います。

本当に、
自然に前向きに取り組んでいると

一番いいタイミングで物事が決まるように感じます。

本日も、出版の企画書に取り組んでいる著者の方と

出版社の反応のフィードバックから

企画書の再編成のMTGをしていたのですが、

「以前の企画書よりよくなった」

と、著者チームの方も私も思える内容になり、

「真摯に進めていると

 いいタイミングになる」
というジンクスは、

いきていると実感します。

・・・・・・・・・・・・

「0から始める出版企画書づくり」
全員に事後の、企画書アドバイスいたします。
⇒ http://www.reservestock.jp/events/110934
    4月20日18時30分~
    場所・高円寺
    参加費 8000円
遠方の方、時間のない方は
動画セミナーで
▼「0から始める出版企画書づくり」動画セミナー
⇒  http://www.reservestock.jp/events/109701
私と一緒に著者を目指しましょう

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP