ニポンの裁判

「ニッポンの裁判」
瀬木比呂志 著
講談社 刊
https://www.amazon.co.jp/dp/4062882973

 

 

裁判の「表裏」を知り抜いた元エリート裁判官による前代未聞の判例解説。

 

法曹界再び騒然の衝撃作!

 

冤罪連発の刑事訴訟、
人権無視の国策捜査、政治家や権力におもねる名誉毀損訴訟、
すべては予定調和の原発訴訟、
住民や国民の権利など一顧だにしない住民訴訟、
嗚呼(ああ)!日本の裁判はかくも凄まじく劣化していた・・・。

 

ベストセラー『絶望の裁判所』の瀬木比呂志教授が、

中世なみの「ニッポンの裁判」の真相と深層を徹底的に暴く衝撃作!

 

 

本書は、『絶望の裁判所』の姉妹書である。
『絶望』が制度批判の書物であったのに対し、本書は、裁判批判を内容とする。

 

つまり、両者は、内容は関連しているが、独立した書物である。

 

『絶望』は、もっぱら裁判所、
裁判官制度と裁判官集団の官僚的、
役人的な意識のあり方を批判、分析した書物であり、
裁判については、制度的な側面からラフスケッチを行ったにすぎなかった。

 

 

本書は、そのような裁判所、裁判官によって生み出される裁判のあり方とその問題点について、

具体的な例を挙げながら、詳しく、かつ、できる限りわかりやすく、論じてゆく。

 

おそらく、日本の裁判全体の包括的、総合的、構造的な分析も、

これまでに行われたことはあまりなかったのであり、

本書の内容に驚愕され、裁判に対する認識を改められる読者は多いはずである。

 

 

*この記事は、ネット上の書評を引用して構成しています

 

 

 

★日常を豊かにするための本をと出会うメールマガジン★

発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください

いますぐ登録!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です