怖い絵 泣く女篇

「怖い絵 泣く女篇」
中野 京子
角川書店
https://www.amazon.co.jp/dp/4043940025/

 

この表紙の絵にもなっている

「レディ・ジェーン・グレイの処刑」

本文でも、筆頭で扱われている作品です。

 

時は1554年。

彼女はこの時、16歳。

王家に生まれた運命とはいえ、覚悟が決まっています。

 

今の16歳。

自分も含めて、まだまだお子様。

中二病の延長くらいの年頃的です。

 

作者が盛ってるんじゃないの?とも思いたくなりますが、

この本を読むと、そうでもないことだとわかります。

 

10年ほど前、勇気を調査しにアフリカを訪れたジャーナリストがいます。

 

ライオン狩りの取材に同行したいと現地で要請したら

ライオンは恐れている生き物をすぐ見抜くから

連れて行かない。

 

断られたので、彼は、火の棒を体に押し当てる根性焼きを志願し

体に五箇所の刻印をつけることと引き換えに、同行を許されたとか。

 

人というのは、環境や状況で、「そんな残酷なこと」が普通に行われるのですね!とびっくりです。

 

暴力を肯定するわけでも、野蛮を奨励したいわけでもありません。人権というものに気づいたのは、実は割と最近で、

自分を大事にするなんてことすら、

まだ慣れていないのも、当然と言えば当然、

 

としたら、人権を保護することに、みんなで、まだまだ考えていこうよ、

まだ慣れてないんだから。ということになってもいいかと。

 

こんな風に、人間の権利の認識の歴史を体感することができます

 

普段、本をたくさん読む人も、読まない人も、

1日30分でいいです「本に向き合う」を提案したいのです。

 

今まで本をたくさん読む人も、読まない人も

「自分が読まない本を手に取る」をおすすめします。

 

そして、一字一句を追うのではなく、

この本は、何をテーマにしているかを感じる。

 

そのためには、

ネット書店の情報、検索で出てくる本の書評、

本のタイトル、装丁、帯などから受け取る情報などを観察して

発信者側の計らいを知る。

自分が普段手に取らないような本だから、

客観的観察ができます。

 

そうしていると

短時間で、毎日たくさんの本のコンテンツの知識が体に入ります。

と同時に、だんだん企画力が身につきます。

 

次回出版セミナーは

「著者になる手順がわかる」がテーマ。

著者の成長が身につく話をしたいと思います。

 

こんな時期だから

元気を出して参りましょう!!

(終)

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
https://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
https://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です