若き鉄オタのフォトブック

「若き鉄オタのフォトブック」
権田真吾
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/443426902X/

大人になって、電車は、なんか、すっかり道具?  機能?

となってしまっているが、

子どものほとんどが、電車が好きなように思う。

確かに、自分も子どもの頃、電車が好きだった。

私の、一番古い記憶は、おんぶ紐を母親に持っていって

おんぶをして、踏切まで電車を見に行かせたこと。

おんぶができるくらいだから、3歳くらいだろうか。

この本は、息子が撮影した写真に、父親が文を載せて作られている。

写真に寄り添う言葉が、鉄道を思い、息子を思っているようで、とても温かい。

著者である父は、アスペルガー症候群であると書いてある。

きっと、息子と鉄道が本当に好きなんだろう。

(終)

第1回写真出版賞 優秀作品

写真出版賞作品募集
http://photo-albumpub.com/

 

★本を題材にしたエッセイを書きます★
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です