ひのたまのりの またのひ

「ひのたまのりの またのひ」
伊藤文人
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/4434275801/

 

お気づきかと思いますが「回文」です

 

前から読んでも、後ろから読んでも「やまがたやま」=「回文」です。

 

この伊藤さんの本がよく売れているそうです。

 

特に男の子に人気があるのだそうです。

 

そもそも、「火の玉乗り」なんているのか?

 

その人のまたに、火がついているのか。

 

ツッコミどころ満載ですが、それが笑えます。

 

「きりんねるねんりき」

という本も、大人気ということですが

こちらも、キリンを寝かそうと念力を使うことの無意味が、すごいおかしいです。

 

さらに、このナンセンスな回文に絵がついている

つまり絵本なのですが、

これがまたおかしい。

 

しかし、読めばなるほどですが、これは一体どうやって考えてるんだろうと思います。

 

この方は、きちんとした (すみません、あえてきちんとしたと言っちゃう)

デザイナーで、数々の高名な賞も受賞しています。

 

一度、回文の作り方を習いましたが、

いや、毎日考えている達人には、もちろんですが、到底かないません。

 

そしておそらく、人に頼まれなくてもどんどん量産するこのエネルギー。

 

すごいことです。

 

おそらく、脳の回路の「ひっくり返しシナプス」(そんなものあるか知りませんが)

それが、人の100倍くらい発達しているのではないでしょうか?

 

そもそも人は、ひっくり返して成立することに対して

日常ほとんど考えることはないと思います。

 

それと同じで、日常の中で「本の企画を考える」

というシーンは、ほとんどの人にありません。

 

だから、考えられなくて当然。

 

慣れないことは、最初は大変です。

 

でも、繰り返しやっていくうちにだんだん慣れて、考えられるようになってくる。

 

慣れていく、体感していくことが大事です。

ぜひ、ご参加ください。

◆出版企画書のフィードバックがもらえる
《出版企画書グループコンサル》
参加費¥4,000
仔細はイベントページで↓
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/6933

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
http://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です