こどもホスピス―限りある小さな命が輝く場所

「こどもホスピス―限りある小さな命が輝く場所」
田川尚人
新泉社
https://www.amazon.co.jp/dp/4787719211/

 

家族の死は悲しいです。

順番といえ、親であっても。
ましてや、伴侶でもそうです。

ただ、やっぱり、子どもの死は、親としてはやりきれない。

この本の著者は、6歳で次女を亡くされました。

普通に幼稚園に通っていた子どもが
ある日、「余命半年」を宣言され、その5か月後に亡くなる。

このくだりを読むだけで、胸がヒリヒリします。

この本は、
NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表理事である著者が

日本ではまだ少ない「こどもホスピス」の設立のために活動し、わが子を亡くした自分や患者会遺族の体験をふまえ、こどもホスピスとは何か、その必要性とともに語っています。

素晴らしい活動です。

出版関係者からすれば、ぜひ、ほんにしてほしいとシンプルに考えます。

でも、ご本人や家族からすれば
家族を亡くした痛みと向き合わざるを得ない状況になります。

著者の長女もその痛みとつきあいながら、父の活動を理解していきます。

心が沁みます。

この本の担当編集者も泣きながら取材したとか。

命の温もりが伝わる一冊です。

(本文)

★本を題材にしたエッセイを書きます★
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です