ずらし転職-ムリなく結果を残せる新天地の探し方-

「ずらし転職-ムリなく結果を残せる新天地の探し方-」
村井庸介
ワニブックス
https://www.amazon.co.jp/dp/4847098935

 

先日、私が、一人目の出産のあとは、

スーパーの品出しをしたり、派遣で働いたりしたことがある。

という話をしたら、

「意外ですねー!」と言われました。

 

自分の中では、自分は相当なジャンクです。

 

*あとでも話をしますが*

 

ですが、セミナーや講義などでは

やれ「講談社」だ「角川」だとか

出版業界に長いという話をすると

まるでエリートの人のように捉えられていたようで。

 

「こっちの方がびっくりだよ!」

って思いますが、

「それは、お前が仕掛けてるんだろう!!」ってことですね(反省)

 

いやいや、私は、そんな風にジャンクです。

 

せっかく、働かせていただいた講談社ですが、

パシリの仕事に「こんなことをしたくて仕事をしてるんじゃない!」

って、本気で思ってて、契約を更新しないと言い放ちます。

 

そんなことをしてたら妊娠をして(結婚してました)

全く、自分のキャリアも考えず、行き当たりばったりです。

 

そんな風に、20代は2人子どもを出産したこともあり、

経験した職場は、もう何十社もあります。

 

今思えば、本当にいい加減です。

 

当時は、若いこともあり、全く無頓着でした。

 

それが、今になれば、「なんていい加減な人なんでしょう」と思うので

子どもたちには、

石の上にも3年だよ。って話をしていたら、

29歳と33歳の子どもたちは、

いまだに(と言っては、いけませんが)

新卒で就職した先の会社に勤めています。

 

私が半面教師なのか。もともと努力家なのか、根性があるのか。

 

結構、会社の問題は話しますが、こちらからみてると

涼しい顔をして、社会人をやっているように思います。

 

でも、私には、この、常に冒険の生き方は、

自分の性(さが)なのかもしれません

 

「ずらし転職-ムリなく結果を残せる新天地の探し方-」
村井庸介
https://www.amazon.co.jp/dp/4847098935

 

という本がありまして

このかたは、ボーッとした転職のデメリットも含めて捉え

キャリアアップの転職法を伝えています。

 

私は、決して綺麗なキャリアアップではなく

多分に、どったんばったん、大騒ぎな人生を送りながら

結果的に、今、会社を経営していますが、

ここもはしょって

「講談社、角川、独立、4社会社を設立 3社経営」

なんて、話をしたらきれいに聞こえますが、

けーっしてそんなことはありません。

 

転職、失業、転職、独立みたいな感じです。

 

そう、考えますと、

現在、転職、副業、起業、などのサバイバル時代なのだとすれば

私は、先駆けてサバイバルだったと。

 

そんな話もいつかできるのではないかと思っておりますが。

 

何が言いたいかと言いますと

なので、自分の中の歴史の中には、いろいろな、企画の切り口があるのを

見つけるのは、これからの時代

「モノ」が資産ではなく「コト」が資産で

「コト」を仕掛けるのは、「人」でありますので、

自分の資産を、掘り起こすことは大事です。

(終)

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です