保健室の先生がお母さんに教える 小学生のための歯のはなし

「保健室の先生がお母さんに教える 小学生のための歯のはなし」
渡邊真亀子
WAVE出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4866212772/

 

この本にしても、なるほど、小学生と歯のテーマは大事だなと唸ります。

 

歯を見ると、その子の家庭環境もわかるとか。

 

今時の話題も入っていて、孫はまだ4歳ですが、小学校もすぐでしょうから

紹介しようかと思いました。

 

身近の例としては、

東京都の都知事選。

 

今回、コロナの騒動で圧倒的に現職の知事は露出が多い。

 

すると、自ずと票は集まります。

 

何度も見ていると親しい感じになる。自分の仲間だと「思う」

知らないものは「良い可能性もあるけれど」「わからない」

ということで、否定的になります。

 

なので、今がすごく良い訳ではないが、

知らないものは、もっと悪くなる可能性もあるから選択肢に入らない。

 

そんなことで、本もそもそも「自分の身近」でないと選択肢にも入らないわけです。

 

そう考えたときの、売れる本の「一般論」ですが

昨日の企画でいうと

身近な順は

1 「服のコーディネイト」

2 「読書術」

3 「自分会議」

4 「自宅での看取り」

ということかと思います。

 

ところが、これだけでは本は売れません。

 

身近であり、かつ、困っていて『知りたい』状態でないといけません。

 

一方、身近で知りたい情報はライバルも多い。

 

身近でない話題でも、

実はこんなだった! という話は、意外性が出しやすく売れる可能性あります。

 

こんな風に企画というのは

セオリーはありますが

セオリーを踏まえた上で、

考え抜いていく必要がある。

 

だから面白いのです。

 

城村と一緒に出版企画書を作りましょう!

(終)

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
http://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です