こどもをはぐくむ まぁるい声マザーボイス

こどもをはぐくむ まぁるい声マザーボイス
田所雅子
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/4434275925/

 

この本も、大阪セミナーをきっかけに誕生しました。

 

マザーボイス。

 

お腹の中にいる時から、聞いているお母さんの声は、

すべての子ども(大人になった今も)のよりどころ。

 

母に見守られ、母からもらった言葉は、その人に大きく影響を与えています。

 

目が見える前から耳は音をつかみ、

息を引き取る間際まで耳は音を拾っている。

 

母の声は、生命の繋がりの中で、心に刻まれる媒体の役割を持っているとも思います。

 

子どもは「お母さんの声」を聞き分け、

お母さんの機嫌、お母さんの悲しみ、怒りもキャッチします。

 

喜び、愛しみ、希望もキャッチします。

 

声を意識することは、心を整えることにもなる。

 

お母さんだけでなく、全ての人に読んでもらいたい一冊です。

 

最近、お伝えしているように、

本を出すと言うのは、社会性が高く、「父性」的な行為です。

 

その「父性」的な行為ができるベースに

母性」に包まれた自分がいる。

 

そんなバランスだと思います。

(終)

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
http://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です