怖がりさんほど成功する自宅起業

「怖がりさんほど成功する自宅起業」
根本好美
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/4434279467/

 

ひと頃前は、

やたら「ポジティブがいい」だの

キラキラがいいだの、という時期だったような・・・・

 

最近は、もっと自然体な感じがトレンドになったような。。

 

この本は

「怖がりさんだから成功する」を説いた本。

 

確かに、人類の生き残り戦略も

慎重な人が生き延びてきています。

 

経営も継続が基本。

 

倒れてしまったら、何も残りませんが

継続していればチャンスが廻ります。

 

絶対、山あり谷ありなので、ピンチに死なないことが一番重要。

 

だから、派手に成功することよりも

継続していれば、チャンスはめぐる。

 

これは、定理だなと思います。

 

私の場合は、慎重ではないのですが、

怖がりで臆病だとは思っています。

 

ポジティブか、ネガティブかというと、

ポジティブなのですが、

私からすると、ポジティブなことを、

ポジティブでもネガティブでもなく捉えているといいましょうか

 

自分の感覚でいうと、もう、病気というか、クセな感じです。

 

なんでもポジティブに考えてしまう病気です。

 

それが、慎重さに欠ける(反省しない)欠点にもつながるのですが

 

一方、

でも、その裏側には、

「負の感情に耐えられない」という明確な理由があります。

 

そう、だから、よく

人が「我慢」をしている話を聞くと

もうびっくりです。

 

なんて、強い人なんだ! って思います。

 

私は、弱い人であることも自覚しています。

 

負の感情にいることに、本当にいっときも我慢ができないので、

大騒ぎして、自分の納得する対策をうつ。

 

これで、もう、自分としては、満足。みたいなところがあります。

 

だから、自分ではすごい「臆病」だと思っています。

 

もう、小さい時から、とにかく我慢ができません。

 

「嫌なこと」の状態にいられません。

 

そんなところにいることが、怖くて怖くてたまりません。

 

困ったものです。

 

相当、磨きのかかったわがままです。

 

なので、私は「臆病」仲間として

臆病を称賛します。

 

臆病も才能。

 

本を出版したいけど、怖いことがいっぱい!

って思っている人は、まずは、1day出版セミナーにご参加ください。

 

怖いことは一つもありません。

 

テンション上がる、明るい未来ばかりです

 

ご参加お待ちしています。

◆出版企画書を書き上げる力を1日でマスター
《1day集中出版企画塾セミナー》
仔細はイベントページで↓
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/6933

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
http://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です