サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門」
三戸政和
講談社
https://www.amazon.co.jp/dp/4062915189/

 

サラリーマンこそ、会社を買うべきと言っています。

 

立ち上げ起業はむしろサラリーマンには、そぐわない。

 

あなたが、大手企業のサラリーマンなのであれば、

今まで、大企業のしがらみの中で、

改善を続け、調整を続けながらも成績を上げてきたのであれば、

それは、会社を買って、

改善の手法で育てたらいい。

というような本です。

 

確かに、これは

優秀なサラリーマンの方には、良い方法だなあと。

 

この本が売れたのも、

サラリーマン向けに新たな視点を提示したことが

勝因だろうと思ったりします。

 

私などは、0→1 しかワクワクしない体質なので、

ルーチン業務、改善の手法というのは大の苦手。

 

でも、当然、ルーチンの中にクリエイティブがあり

完成させていくことも大事です。

 

私の場合は、

0からいきなり5にすることを、

雑に、ガバーってやりますが、

そこからの改善は

5から7については

5の次が、5.5→ 6→ 6.5→ 7で

さらに、7から8については

7.25→7.5→7.75→8

みたいな感じで

どんどん、完成度が高くなってくるのだと思います。

 

私も、そこのエリアになってくると、

スタッフの人たちと一緒に、進めていきますが、

大体、そんなに狙いが外れないというか

大きな事件は起こらない。

 

大体、予測の範囲の中でことが進みます。

 

一方、0→5の時というのは、

結構何が起こるかわからないことが多々。

 

エネルギーも必要だし、

まだ、勝ちパターンもわかりません。

だから、0→1が好きな私は、

年中

本当に未来というのは、思い通りにならないなー、の連続です。

 

だから面白がっているというのもありますが、

でも、人生ってそんなものではありませんか?

 

で、

たくさんの著者の方と企画を作っていると

みなさん、初めての体験なので

それこそ

「全く自分でコントロールできない体験」を

子どものように楽しみながら、進んでいただいているのが分かります。

 

きっと、バンジージャンプのインストラクターさん

初めて登山をするときのシェルパーさんも

こんな感じなのかもしれません。

 

皆さんと一緒に、未知の体験をするのは

0→1の体験を楽しんでる城村だから

倍増して楽しいのかもしれません。

 

というか、まず、とにかく私が楽しいということです。

 

楽しんじゃってごめんなさい。

 

まずは、企画書作成セミナーから!

どうぞ、ご参加ください。

(終)

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
http://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です