KOMOREBI BLACK 記憶を吸う森

「KOMOREBI BLACK 記憶を吸う森」
シュールハンズタナカ
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/443427323X/

 

コロナ騒動で、季節も忘れておりましたが、

確実に夏に近づいていますね。

 

昨日は、研究家の方とのセッションがありました。

 

ゲノムや、遺伝子発現制御の仕組みなどを研究されています。

 

でも、研究書を書きたいわけではありません。

 

ムフフ。

 

それを写真で表現するのです。

 

提出してくれた写真で、私がどう感じるか。

 

彼女(女性です)が伝えたいことが私に伝わっているのか。

 

彼女が表現の意図と捉えるならば、

どういう写真が必要なのか、

撮影アングル、近写なのか、ヒキなのか、

ミクロなのか、遠景なのか。

 

撮影地の名称から、読者に伝わるイメージや印象。

 

コロナ時代に、人々がこれから、自分の体という媒体をどう捉えるかの想像。

 

などなど、想像力に羽をつけて、考えます。

 

作家さんたちは、セッションが終わると、すごい刺激になったと言います。

 

自分の考えてることを言語化して伝え、

写真の場合は、さらに可視化する。

 

表現の可能性は、無限です。

 

この本「 記憶を吸う森」とあります

 

みなさん

「森」のイメージって、どんなものですか?

 

一般的には、今の人は、森には暮らしていないと思います。

 

地方の人でも、人里。

 

多くの人は、町に住んでいるのかと。

 

でも、物語には、多くの「森」が出てきます。

 

赤ずきんちゃんだったり、眠れる森の美女出会ったり・・・。

 

子どもの時の方が、森は身近だったかもしれません。

 

本を開いて、森を喚起させられたら、もう作家の思うつぼです。

 

読者にどうやって仕掛けようか?

 

作家と一緒に脳みそに汗かいたあとは

読者として、無防備に入り込むのもまた楽しいものです。

(終)

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です