「いろいろちゃん」と「きらきらくん」

「いろいろちゃん」と「きらきらくん」
さいきちとせ
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/443426818X/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_OVo1Db0W3FFNE

 

「いのちのよろこび」をみなさん感じてますか?

 

私などは、生命として、当たり前に喜ぶことをしたらいいのにと思っちゃいますが。

そう言うところが、私の嫌われるところで

なかなか、人は、そうは言ってもと抑制的になるようです。

 

社会のルール、人のルールの中で生きるのは、もちろん協力しあって生きるから

いろいろ守らなくちゃいけないこと、人を配慮しなくちゃいけないことも

あるでしょうけれど、

 

でも、抑圧されるものは、嫉妬だったり、やっかみだったり

多少は、そう言う感情も、エネルギーになっていいけれど、

 

抑圧されすぎると攻撃になっちゃう気がします。

 

今では

「妊婦マーク」をつけて、満員電車に乗ってると、やっかまれたり

子どもが電車で泣いてると

昔は、近くのおばさんが

「子どもは泣くのが仕事だから」と

お母さんを励ましたけれど

今は、迷惑そうにするなど

 

もっと、いのちのよろこびを感じようよ

 

と思います

 

(終)

第1回絵本出版賞 優秀賞受賞作品
絵本出版賞では、作品を募集しています
http://ehonpub.com/

★本を題材にしたエッセイを書きます★
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です