1週間で完成!内定獲得できる本

「1週間で完成!内定獲得できる本」
菊池啓子
祥伝社
https://www.amazon.co.jp/dp/4396614071/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_sroxDbQY1REXG

 

この本で著者は、内定をとるために必要はスキルが2つだと言っている。

1 ストレスや悩みを自分の力で解決するコツをつかむこと
2 自分のことをしっかりと知ること

おやおや、面白い。

ストレスに負けない「就活コーピング」の本なのだ。

*コーピングとは、英語のCOPE=「困難に対処する」「難局を切り抜ける」
を語源に持つ、ストレス対処法(はじめにより)

この
「ストレスや悩みを自分の力で解決するコツをつかむこと」

私は、えらく共感する。

時折。投稿やメルマガでも発信をするが、
私は、ストレスが大っ嫌い人間だ。
もちろん、ストレスが好きな人なんていないとは思うが、
その嫌い度の高さでいうと、かなり自信がある。

どんなことかというと
ストレスにある状態に自分があることにじっとしていられない。
多くは、解決の方向に動き出したくなる。
事態が変わらなくても、解決に向かって作戦が立てられた
ということで、ほとんど、私の中では解決になっちゃうのだが、
何も手を打ててない状態に、状況を放置するのが苦手。

よく、女子がパートナーに相談事をした時に
女子は、ぐちを聞いて欲しいだけなのに
彼氏や夫は、すぐに解決策を出して嫌われる。

という話を聞くが、
私の場合は、100%逆。
なので、めちゃくちゃ、気分の浮き沈みが激しい。
ほとんど、感情に翻弄されて生きてるんじゃないかと思う。

で、
私の周りの人には、甚だ迷惑だろうけれど、
この抑揚で生きている。
時折、アンガーマネジメントか、中庸かということで
感情を抑えるのが正しい的な人がいるが、
これは。いただけない。
本人は、楽? なのかもしれないが
全く面白くない。

というか、本来、世の中なんて、
90%以上うまくいかないに決まってるわけだ。

だって、
本だって、必死に企画会議をやったって、2割しか成功しないし、
営業だって、100%契約するはずもないし

そもそも
動物だって狩りの練習をするから獲物が獲れるのだし、
お花も受粉の仕組みって、めちゃくちゃ高度、
楽に、生きてる動物はいない。

だから、ストレスがあるのは当たり前で、
もちろん、進んで、突撃しないにしても
なくしたり、避けたりはできないから
それを解決すると、成長するということなのだと思う。
って、いうことを
この就職活動の時期に伝えてるのもいい。

学生であることと、社会に出て働くことで、大きく責任が変わる。
本来だったら、就活マニュアルというより
「ストレスや悩みを自分の力で解決するコツをつかむこと」
という
この、大人マニュアルをしっかり習得してもらえたら
きっと、学生たちにもいいし
就職先の現場も助かるんだろうと思ったりする。

青学の学生たちにも
かなり大人な講師としては、
「社会」は当たり前に厳しいからねと言っているが、

働き方改革、ハラスメント、が
逆に、負荷の中で伸びようとする可能性が摘まれないといいなと思う。
(終)

 
本を題材にしたエッセイを書きます
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

 

★日常を豊かにするための本をと出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です