学び効率が最大化するインプット大全

「学び効率が最大化するインプット大全」
サンクチュアリ出版
樺沢紫苑
https://www.amazon.co.jp/dp/4801400698/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_HwurDbK4DXFHD

 

いろんな意味で、横綱の本。

まず、企画のタイムリーさ。

「アウトプット大全」が大ヒットして(現在40万部以上)そのアウトプットを前提とした
インプットというのがみそ。

そう、この本を語るには
先に、

「学びを結果に変えるアウトプット大全」
https://www.amazon.co.jp/dp/4801400558/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_pzurDbB694XP3

を語る必要ありなのだが
それは、こちらのブログを読んでいただくこととして
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/output-2/

「学びを結果に変える」とアウトプット大全を読んだ人が
結果が欲しく本を買うが、

思うような結果がでなければ
「学び効率を最大化しましょう」

と、ユーザー心理もバッチリ掴んでくれている。

実際私は、
本当に怠け者で、

切羽詰まらないとやらない。

小さい頃から勉強は嫌いで
自分の興味のあることしかやらなかった。

いわゆる、真面目な、試験の点数を取るための勉強、
合格するための勉強に意味を感じられないとか言ってる
勘違いした子どもだった。

その傾向は今でもあって、
何か、目的がないと頑張れない。

セミナーがあるから、
授業があるから、
明日、講義しなくちゃ行けないから。

など、せっぱ詰まったり、

もう、これ絶対、動画にしてまとめたら
著者の方が格段に学習能力が早くなる

とか

絶対に成果が上がる
と思って、教材を作ったりの連続。

そう、
怠け者のの反面
ツメをしないで、理想に走る、夢をみるタイプなので

後から、ツケがドーンと回ってきて
泣きながら、夜中まで仕事をすることも・・・・

でも、その連続のおかげで、成長している(気がする)
なので、私のおススメとしては

1、自分が大きな目標を掲げるなどしてせっぱ詰まらせる

2、「アウトプット大全」で、目標を達成する結果に追いつく作戦を考える

3、その作戦結果、実行に移す際に「インプット大全」を読む

が、おすすめである!

(終)

 

本を題材にしたエッセイを書きます
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

 

 

 

 
★日常を豊かにするための本をと出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です