相手を完全に信じ込ませる禁断の心理話術 エニアプロファイル

「相手を完全に信じ込ませる禁断の心理話術 エニアプロファイル」
岸正龍
フォレスト出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4894517086/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_kx30DbZ7V9YZS

 

この本の、著者のエピソードが激しくて面白い。

こんなエピソードを抱える著者だから、この研究をスタートして

活用して、人に教えるようになったのかー

とすごく納得してしまう。

ひるがえって自分を考えてみて。

よく「素直」だと言われる。

自分でも自覚がある。

例えば、
すぐに信じる。やってみる。

むしろ、やってみないと損をした気分になる。

やってみないとわからないじゃん。と思っている。

自分でも、よく人に騙されないで生きてきたなあと思う。

「いや、騙されてて、気づかないだけじゃない?」と言われることもある。

そうとも言える。

マジックなどは、人を騙して喜んでもらえる。

騙してもらってもいいものもあると思う。

いずれにしろ、私の中では、

少なくとも
「私の人生、騙され続けて、悔しい、つまらない!」とは感じていない。

積極的に、やってみるし、信じてみるけど、

嫌いなことはやらない。やなことはしない。

もしかしたら、そういう迫力で生きているのかもしれない。

嘘だって、完璧につけば本当になる。

だから、私を騙した人は、最後まで騙さなきゃと思ってくれてるのかもしれない。

(終)

★本を題材にしたエッセイを書きます★
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です