人体 失敗の進化史

「人体 失敗の進化史」
遠藤秀紀
光文社
https://www.amazon.co.jp/dp/433403358X/

 

人類は、ずっと、ウイルスや、自然災害や、戦争やら、様々な天災、人災含めて、

災いと戦いながら生きてきました。

 

今のコロナ事象を、全世界の人と共有していると、人類は、これからどう言う道を辿るのか

と考えます。

 

多くの文化人や見識者が、コロナ以前の世界には戻らないだろうと語ります。

 

確かに、こんなに強烈な出来事は、人々の意識に影響を与えます。

 

多くのメディアで取材を受けているユヴァル・ノア・ハラリさんの代表作の一つである

ベストセラー「サピエンス全史」では、

生物の中でも特異な存在である人間を取り上げ、文化や経済の成り立ちを語っていて、

コロナ時代に読むのに面白い本です。

 

この本は

2008年の発行の本なのですが、この本でも、人類の特殊性を描いています。

 

進化というのは、万能ではなく。

特性を伸ばしている状況で、

特性を伸ばす(伸ばす意志があったというより偶発性なのですが)反面、

たくさんの、欠点(ある側面からは)もあり、

それを「失敗の進化史」と表現しているわけです。

 

例えば、大きな脳を持って生まれてくるからこそ、

他の哺乳類とは比較にならないほど、ひ弱な状態で産まれてくることなど。

 

しかし、この、アンバランス、完璧でない、不安定な生き物であることは、

ある種、とても不便でもあり、時には、大変迷惑な訳です。

 

でも、だからこそ、考え、悩み、成長しようとして、もがくわけで、

それが、人への感動になったり、繋がりになったり、

心が強くなったりするのだと思います。

 

こんな時期だからこそ、本を読み、考え、本を書く人になって欲しいと思います。

(終)

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です