ゆっくり話すだけで、もっと伝わる!アナウンサーが教える7つの技

「ゆっくり話すだけで、もっと伝わる!アナウンサーが教える7つの技」
浅沼道郎
朝日新聞出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4022514558

 

1 話すスピードを意識せよ

2 緩急強弱、そして間を意識せよ

3 滑舌を意識せよ

4 パターンを暗記せよ

5 語彙を増やせ

6 ユーモアを交えよ

7 表現力を高めよ

ということなのですが、

これを出版企画書に置き換えると

 

1 言葉を絞る

長く書けば伝わるというものではない。

絞ることで言いたいことが伝わります。

 

2 文章の構成にメリハリをつける

今、コロナの時代でみんな家にいる

それは運動不足になる

わかっていても運動ができない

その問題を解決する、おうちランニング。

というような構成で、おうちランニングの必然性を表す。

なぜ必要かの流れとメリハリをつけます。

 

3 誤字脱字をしない

誤字脱字や、言い回しの分かり難さ、専門用語。

読むのにストレスがあると内容が入りません。

 

4 出版企画書の型を知る

出版企画書の項目のそれぞれが、意図があります。

出版企画書のダウンロードはこちら
https://resast.jp/subscribe/MTFiNDEyNDg4M

型を知りましょう。

 

5 事例を的確に豊富に

企画のテーマは一つが原則。

そのテーマに説得力を持たせる事例は豊富に

 

6 自分の熱量を伝える

熱量信頼になります。

表面的な「頑張ります」というような言葉でなく

企画の内容に対する真剣さを伝える。

 

7 表現力を豊かに

1~6を伝えるのは言葉

そして、最後に読者に伝えるのも言葉

言葉を磨く、は必須です。

◆出版企画書を書き上げる力を1日でマスター
《1day集中出版企画塾セミナー》
仔細はイベントページで↓
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/6933

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です