危機を乗り越えるマインドフルネス (精神科医の本)

「危機を乗り越えるマインドフルネス (精神科医の本) 」
藤井英雄
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/4434278576/

 

人が危機に直面したときの反応は

恐怖や、興奮、テンパったり、頭が真っ白になったり・・・・。

 

危機から脱しないといけないので、

神経が集中、全動員されるのはいいと思いますが

一方、その状態がコントロールされないと、

いい結果が出ない。

 

「大変だー!」と、火事場の馬鹿力で命が救われたらいいけれど、

ただ慌てるだけで、むしろ火に油を注ぐことになってしまったら、

よろしくないわけです。

 

また、もう少し長期的な「危機」の状態であれば、

長きに渡る、よろしくない状態からどう脱却するか

どう対処し、その中でも健やかに生きるかを見つけることが大事。

 

短期的でも長期的でも、危機の時には

「マインドフルネス」は、とっても大事です。

 

心を落ち着かせて、本来の自分のパフォーマンスを

発揮できる状態に整えるというわけです。

 

でも、考えてみると、

もともと、人というのは結構な危機を、毎日平気な顔して乗り越えているんじゃないか?

って思ったりします。

 

例えば、駅のホームから落っこちていないこととか

ガードレールのない道で、車とすれ違っていたり、

火を扱って料理をしていたり。

 

目を離したら、すぐにどこかに行ってしまうような子どもが

迷子にならずに、事故にも遭わずに

今ここに元気にいることとか

結構な奇跡というか、結構なアクロバットをして生きているように思うのです。

 

毎日、普通にやっているみなさんの仕事だって、

相当な技です。

 

お医者さんが、日に手術を何件もやることも、

経理の人が、1円も間違わずに帳簿を締めていることも

料理長が、毎日美味しいメニューを提供していることも、

生きていることですらすごいのに

そんなことをしているなんて!

 

毎日、著者の方の話を聞いていると

その方の技と知見とノウハウが凝縮されていて

これは宇宙だなあ・・・

って、改めて私は思って感動します。

 

ご自身の中にある価値を

もっと多くの人に提供して欲しい。

 

城村と一緒に本を作りましょう。

◆出版企画書のフィードバックがもらえる
《出版企画書グループコンサル》
参加費¥4,000
仔細はイベントページで↓
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/6933

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
http://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です