読破 (成功法則本を1000冊読んで月収を100倍にした男の厳選55冊を教えます)

読破 (成功法則本を1000冊読んで月収を100倍にした男の厳選55冊を教えます)
山口裕一郎
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/4434273701/

 

本を創っている者として

こんな本で人生を変えてくれた人がいると言うのは

本当に嬉しいことです

 

この記事を書いてる今は

「お家にいましょう」

と言うことで、人となかなかリアルには会えません。

 

私は、zoomで会議をしたり、セミナーをしたり

私も含めて、zoomは便利ですが

まだ、リアルに比べれば壁があるような

 

でも

きっと、zoom越しでも仲良くなれる方法がどんどん開発していくでしょうね。

 

ところで、人とつながるというのはどういうことでしょう?そもそも、私たち編集者は、本を作ったら、そのあとは、

その本が、店頭にあるところから、買ってもらえるよう、

エネルギーを込めて本を作る訓練をされてきました。(その訓練が、どのくらい生きているかは別として)

 

タイトルで気になってもらって、それを、手にとって、レジに持っていってもらい、

家に帰って、開いてもらい、読んでもらい、最後まで離脱せずに読んでもらう。

 

これは大変な話です。

 

手にとった読者が、書店で手にとって、でも、やっぱやめると閉じて、本を置いたとしても、声をかけることができない。

 

もう、タイトルと装丁で、読者を魅了しなくてはいけない訳です。

 

Zoomどころの話でなく、もう、完全に、そこにいなくて、伝達するのです。

 

本はすごい

言葉」はすごい「文章」はすごい「デザイン」はすごいです。

 

自分が発信する、言葉にどれだけ魂が込められるか。

 

今の時代、言葉のインフラになっているからこそ、のこもった、言葉が遠く、広く、訴求する。

 

そこを妨害する、無数の「フェイクニュース」がありますが、

そういうものは、一過性の嵐として(被害も出ますが)消えていきます。

 

「言葉」は力。

 

言葉」を生み出す、自分の魂をみがく言葉の力を信じて、人とつながる。

 

言葉の力を信じます。

(終)

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です