いただきますレストラン

「いただきますレストラン」
ひだのかな代 著
みらいパブリッシング 刊
https://www.amazon.co.jp/dp/4434255703

 

 

 

海の底に、イカがやっているレストランがありました。

オキアミやイワシ、ホキなど、おなかをすかせた魚たちが次々やってきて食事を楽しみますが、
食べ終わっても、だれも出てきません。じつはそのレストランは…。

 

 

 

こどもたちに、「たべることは、いのちをいただくこと」をかんじてもらえる絵本。

 

動物を愛する絵本作家ひだのかな代が届ける、いのちのおはなし

ふかいふかい海の底にある レストランの物語

 

ふかいふかい うみの そこ

まっくらやみの むこうに みえる

あかりへ ちかづいて いくと、

「レストラン」が ありました

なかから イカが でてきて

「しんせんな ごちそうが ありますよ めしあがれ」

「いただきます」

うみの そこの レストランで くりひろげられる、

さかなたちの ものがたり

さてさて、さいごはどうなるのかな?

 

 

著書に『うまれるまえのおはなし』『ねこちゃんどうしたの?』などがあります。

 

 

 

 

 

 

*この記事は、ネット上の書評を引用して構成しています

 

 

 

★日常を豊かにするための本をと出会うメールマガジン★

発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください

いますぐ登録!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です