地獄の登校日

「地獄の登校日」
高見澤秀男
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/4434267507/

 

自分は影響力がないと思っている人。

「自分なんて、たいしたことしてませんから」

「自分はいるだけです」からという人。

息を潜めて、なるべくひっそりしようとしている人がいますが、
人は決してひっそりなんてできないのだと思います。

 

ユキヒョウという高山に住むネコ科の動物がいまして、

彼らは、高山で食糧が少ないので、

ものすごい広いテリトリーを持つそうです。
本当に孤高に生きる動物なのだと思いますが、

この動物だって、一頭存在することで、他の仲間はそこにいないわけですので

影響を与えているわけですし

生態系の中でも影響がある。

 

ましてや、人間や、仲間で生きる動物ですから、

その人が生きていることで、

スーパーでものを買ったり、電車に乗ったりするだけでも影響があるし、

仕事をしてれば、なおさらそうです。
この本は

自分の人生はなんだったんだろうと、

振り返る主人公のお話。

しかし、彼の存在は小さくはなかったのですが、

この本を読むと、人は、自分が知らないだけで、

人に影響を与え、知らないところでつながっていることがわかります。

 

例えば、同じエレベーターにたまたま乗り合わせた。

その乗り合わせた人が、赤の他人でも、

不機嫌にされていたら、その空気はこちらにも伝わります。

人は、存在するだけで表現していると言っても過言ではないでしょう。

で、あれば、自分の表現が自分らしくあり、

いい影響の伝播ができているなら、

きっと、周りも自分も、信頼で繋がり、

問題も解決できる勇気が湧いてきそうです。

 

この本は、また

その気づきは、いつでも間に合うということも教えてくれています。

過去に、失敗をしたとしても、

後悔があったとしても、今の行動で、過去の意義が変わる。

感動の一冊です

(終)

★本を題材にしたエッセイを書きます★
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です