きらわれもののマルー

「きらわれもののマルー」
はらひで 作 はらふう 絵
みらいパブリッシング
https://www.amazon.co.jp/dp/4434264451/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_WLPVDbJ4798MT

 

いつからこんなに不寛容な世の中になったのでしょう?

それとも、昔から人間はそうだったのでしょうか?

私は個人的には、人間はよくなっていくもの、
向上していくものだと信じたいと思っています。

「妊娠してますマーク」をつけていると
つきとばされる。

ベビーカーや車椅子は邪魔だと懸念される。

でも、人は、みんな人に迷惑をかけながら生きています。

世界を少しひいてみると
一人一人が役割を持っていることがわかります
自分の尺度の中では、「邪魔」とか「違う」とかでも。

私は、同質化が苦手な子で、
今でも、その強い性質を色濃く抱えながら
社会の中で生きています。

でも、それは、きっと私だけでなくて
本当は、多くの人が、気付かぬふりをして生きているのではなないのでしょうか?

マルーは、私の中に一部でもある。

あなたも感じてみてください

 

こちらもおすすめ

第1回絵本出版賞
最優秀賞作品

「おそろしくへんなローリー」
はらふう絵 はらひで作
みらいパブリッシング
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/roorii/

絵本出版賞作品募集中
http://ehonpub.com/

★本を題材にしたエッセイを書きます★
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本をと出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です