子どもを持つすべての親へ、子どもとの関わり方がわかってすっきりします。

大野智恵子 著
学研プラス 刊
http://amzn.asia/iXrxNwc

この本の著者、大野智恵子さんは、
本当に子育てを楽しんでいます。
どう楽しんでいるかというと、私から見ると、
子どもの才能を伸ばすことのオタクです。
子どもをよーく見ていて、何に関心があって、
どういう才能があるのかを観察します。
タイトルから「子どもの未来は親が決めなさい」というと、

何か、無理やりレールを敷く親のように見えますが、
そういうことではないんです。

観察をして、子どもが自ら将来の選択できるように、
選択肢を用意してあげるのです。

人は、自分で決めるからこそ、結果を検証し、
判断力が養われるわけですから。
子どもは経験がないので、材料が無ければ、

「何をしたい」を選べない。

だから、レールを敷けば、それに乗るのか、
別の道をに進むのかを考えることができる。

大野さんは、人の社会に生きるための「しつけ」は
厳しくしますが、

子どもに決して無理強いはしません。
なので、実に子どもとの関係が良い。
子どもとの関係に悩んでいる親が
参考にできる示唆がたくさんあります。

私は21歳で結婚して23歳で母親になりました。
全く若輩者で親になり、さらに、 私は、男だろうが女だろうが、
人は社会に参加するのが当たり前だろう
というこだわりがあったので、

本当にてんやわんやで、
いつの間にか2人とも独立していたという感覚。

本当にわがままな親だったので、
子どもたちには、
これから親としてしてあげられることは何か

と考えてはいます。
(なかなか実践は難しいのですが)大野ママのこの本は、
子どもが大きくなっても参考にできることがいっぱい。例えば、
娘との旅行、孫へのプレゼントは、
3択で提案して選んでもらうを実践しています。子どもが小さくても、大きくてもご一読ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です