印税で1億円稼ぐ

「印税で1億円稼ぐ」
千田琢哉
あさ出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4860636538/

 

一見。1億?、いっとき流行った六本木のIT起業家?!

というタイトルですが、

内容は、

アナタが連想した内容

の逆!

 

印税で食べていこうというなら、まずは、ヒットを狙うのではなくて、著者として継続することが大事。

と、この本で著者は言っています。

 

そう

バッターボックスに立ち続けることが大事です。

 

私も、一発ヒットを出した後に、苦労している著者をたくさん見てきました。

 

地道な積み重ねの上のヒット作は、とても基盤が強いのですが、

ポッとヒットが出てしまうと

ノウハウがないので、却って次の本以降を苦戦するケースが多い。

 

よく、新人賞やコンテストなども

1等の人より2等以下の人の方が活躍することもあるような。

 

私は「売れている作家」で、

売る努力をしていない作家」は見たことがありません。

 

谷川俊太郎さんなども、必ず、イベントなどでは

本が売れるように、編集者に気を遣ってくださいます。

 

私は、谷川さんとの同人活動をお手伝いしていて

谷川俊太郎Tシャツなども作るシーンがあったのですが、

テレビに出るときに、Tシャツを着て出てくださって、

注文がたくさん入るようなこともありました。

 

もちろん、配慮して着てくださったわけです。

 

そんなわけで、私は著者の方に、

企画書を作ることもご指導しますが

本を売る仕組みもカリキュラムに入っています。

 

著者が本を売ることはとっても大事です。

 

なぜ? という人は

「印税で1億円稼ぐ」を読んでください。

 

J.Discoverは、本を売る著者を応援しています。

(終)

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
http://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です