なりたい自分になる! 筆跡の魔法

「なりたい自分になる! 筆跡の魔法」
芳田マサヒロ
飛鳥新社
https://www.amazon.co.jp/dp/4864105030/

私は、自分の字が嫌いではない。

私たちの世代では、
「変態少女文字」というのが流行ったが、

その「変態少女文字」の流れの端くれにあるだろう、丸文字だ。

美しい字が書けたらいいなと思うが、

母から「習字を習わせておけばよかった」とか
息子から「お母さんは、丸文字出し」とか
娘から「お母さんの字は真似しない」

なんて、言われるほど、下手かしら? って思ってる。

なんて、しのごの言ううちに

本当に手書きの場面が減ってしまった。

なので、自分の手で字を書くときには、

なるべく気持ちよく書こうと思っている。

人からなんと言われようと、本人が気持ちいのが一番だ。

その方が、相手にも気持ちよく伝わるだろう。

この本では、確かに、こんな字の人は、こういう性質と
解説されてるものが、本当にそんな風に見える。

筆跡とは、人の顔みたいなものだと納得。

顔も表情を変えて、印象が変わるように

文字も意識して書くことで、人生が変わる。

確かに、私の字は、「城村らしい」と言われるので

自分を表しているのだろう。

気になるのは
「城村らしいとは何か」

今度聞いてみよう。

(終)

★本を題材にしたエッセイを書きます★
会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です