僕は君の「熱」に投資しよう――ベンチャーキャピタリストが挑発する7日間の特別講義

「僕は君の「熱」に投資しよう――ベンチャーキャピタリストが挑発する7日間の特別講義」
佐俣 アンリ
ダイヤモンド社
https://www.amazon.co.jp/dp/4478108706/

 

「君はかならず、成功する」

 

ベンチャーキャピタリストである著者は

繰り返し読者にこう言います。

 

「君はかならず、成功する」

 

何を根拠にそんなこと言うの?

って、突っかかりますでしょうか?

 

でも、私も、言いたい

「あなたは、かならず、出版する」

 

本当に、

出版できるかどうかは、

「取り組むか、取り組まないか、の違いだけです」

 

取り組まない = 出版できない
取り組まない =  出版できる は ない

取り組む = 出版できる
取り組む = 出版できないこともある

 

だったら、取り組むしかないと言う答えだと思います。

 

毎日セッションをしていますが、

あるいは、初めてのご相談に乗ることも多いです。

 

その時に、

ちょっとこの人厳しそうという時には、

「相当ハードルがあります。

(具体的に、◯◯、◯◯、◯◯)」

と話すことも多々あります。

 

でも、実際

私が相当難しいと言ってるのに、出版をする人もいます。

 

下手なやり方だなーと思っていても、

だんだん上手になっている人もいます。

 

私が、この人できそう! と思って、一緒に先に進んで、

出版できなかった人は、全体の1割もいません。

 

というか、この1割の人も、

ご本人の事情で、出版へ進むことを中断したという人で

また、戻ってきてくれたらいつでも再開します。

 

そう考えると、最後は「熱量」なんだと思います。

 

この本でも

「経済のありかたまでも変えていく原動力は、それが「楽しい」かどうかなのだ。」

と、あります。

 

「ええ、楽しいってなんだっけ?」

て思っている人は、ぜひ、私と一緒に企画書を作りましょう。

 

脳味噌に汗かいて、

発表するって

こんなに楽しいことはありません!

 

《1day集中出版企画塾》

オンラインと大阪開催。

参加者募集中です!

(終)

★本を読んでプレゼントをもらおう

読んでお得な「ヨミトク」サイト
http://yomitoku.info/

★本を題材にしたエッセイを書きます★

会員制文章執筆サロン ふみサロ 会員募集中
登録された方にもれなく、エッセイミニ講座動画をプレゼント
http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

★日常を豊かにするための本と出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です