こんな悩み・願望はありませんか?


  • チェックベストセラーになって幸せな人生を送りたい
  • チェック社会的な信用力を持ち、選ばれるようになりたい
  • チェック自身のサービスにもっと集客したい
  • チェックビジネスでもっと業績をアップさせたい
  • チェック出版とビジネスをつなげて相乗効果を得たい
  • チェック自分の考え・経験をもっと多くの人に広めたい、知ってほしい
  • チェック出版企画書をつくっているが一人では限界を感じている
  • チェック成功する商業出版の方法がわからない
イラスト
イラスト

出版ブランディングに対する

勘違いや思い込み



本を「出版したい!」と思っても、出版に関する情報に触れることが少ないことで
間違った情報を掴んでしまう方もいます。



下記のような勘違いや思い込みをされている人もいますが、それは効果的な商業出版方法を
知らない人や出版ブランディングのやり方を間違っている人の誤解です。

電子書籍でも出版すれば

ブランディングになる

そう誤解されてしまっている
のは、すでにファンが多い人が
電子書籍を出すから買う人が一定層いて、結果ブランディングができている姿を目にしている
から。

実は、ファンが少ない段階で電子書籍を出しても、ブランディングにつながりにくいのです。対して商業出版は、紙の本の書店での流通・販売の威力です。

そこにメディアの信頼性があるので、
ブランディングに影響力が
持てる
のです。

出版してもビジネスや

自身の身の回りに変化がない


その誤解は、本を出せば出版社が
勝手に売ってくれると思い込み、
自身で何も動こうとしないからです。商業出版は著者自身が売るという前提で、戦略を立てることがブランディング成功へ大きく影響します。集客・業績アップ・ファンを増やすなど、自分なりの「出版の目的」から
意図して動線を組むことで成功する

のです。

イラスト

あなたに実績がなくても、
売れないテーマでも大丈夫



商業出版を実現するには
出版社に企画を出す所から始まります。
しかし、多くの人はこれまでのイメージから
出版や出版社に対する誤解をされているようです。



あなたの長年の想いを商業出版で成功させる事は、
しっかりと、ノウハウに沿った対策を行えば可能です。



まず、商業出版を達成させるために必要な事は何かご存知ですか?



それは、あなたの「伝えたいこと」と「強み・才能」から
企画書をつくりはじめることが重要なのです。



今回のセミナーでお伝えしている、
あなたが「伝えたいこと」を読者の「知りたいこと」に変えていく方法
を学ぶことで自分の才能を活かした企画で、
かつ出版社が「欲しい」企画書にするノウハウを学んでいただきます。

J ディスカヴァー代表
城村典子のサポートで

出版を実現した方の声

今までなかった切り口での企画が浮かび上がるようになったというのが一番よかった!

「なぜ、賢いお金持ちに『デブ』はいないのか?」

著者 田口智隆氏インタビュー動画

月に数百枚しか売れなかったショーツが、3,000枚以上売れる
ようになった!

「腰痛はショーツで解消できる! ―骨盤を立てれば、
痛みの原因がスーッとなくなる!」

著者:小林篤史氏

今まで出版は自分自身のブランディングになる、と思っていたが、商品のブランディングのために出版するという発想がなかった。 城村さんと話す中で、その発想をもらえて、本として形にできた。 ノウハウがたくさんあり、技術・腕があっても、それが形になっていないと出せないし、切り口がないと出せたとしても売れない。 その私たちが描いていたものを1冊にまとめて形にして頂いたことが何よりの価値でした。

「この方は著書持ってる」ということで見方が変わります。
実際、それはかなりの部分達成できた。

「全ての病気は『口の中』から! ―歯が痛くなる前に絶対読む本」

著者:森永 宏喜氏

⾃分の強みに実は気づいてない場合がすごく多いんじゃないかなと思う。私⾃⾝も、⾃分ではこれを売りたいってのがあったんだけども、それ以外にも、城村さんが「いやあ、森永先⽣、こういうことも森永先⽣は他の⼈にない点だよ」っていうことを結構たくさん教えていただいたんです。 私が城村さんに対して⼀番感じるのは、出版に対する愛ですよね。出版に対する、出版そのものに対する、それから著者に対する愛。もっと広く⾔えば出版という⽂化に対する愛です。それをすごく感じる。

4刷り! 私は人生に迷っていた時に本で救われたので、本で恩返ししたい!と思っていました。企画書にまとめることは苦手でしたが、苦労が形になりました。本を出したい方は、ぜひ踏み出してもらいたいです。

「数秘術家・悠城レニが教える あなたにしかできない仕事」

著者:悠城レニ氏

出版へ踏み出す前は遠い世界だったが、一歩踏み出して見ると意外と具体化できる。出版するという目的達成のために情報を集め、やり方を学んで、踏み出してほしい。城村さんのところをオススメします!

「18歳までに知っておきたい法のはなし」

著者:神坪浩喜氏

本を書いたことで、自分の教科書にすることができ、伝え切れなかったことが伝えられるようになった。自分の仕事の中で、本を未来にどうつなげていくのか、というストーリーを描けない方は整理できるし、自分の仕事につなげていくことができます。

「ようこそ! 子育てキッチンへ

子どもがのびのび自立する 2歳からの子育てレシピ」

著者:村上三保子氏

出版セミナー講師の紹介

城村典子 城村典子

私は「出版であなたの世界を変えられる」本気でそう思っています。

株式会社 Jディスカヴァー 代表取締役

城村典子

Fumiko Jomura

私は「出版であなたの世界を変えられる」
本気でそう思っています。

株式会社 Jディスカヴァー 代表取締役

城村典子

私は、2012年まで、出版社に勤務する編集者でした。
出版社に勤務しているうちに、”出版社の編集者は「著者の成長」には傾倒できない”というジレンマを抱えるようになりました。
当然、出版社も企業ですから、最終的には出版社の利益を優先する構造にある、ということです。そのため著者本位の企画は「読者目線でない」と言われていました。



ところが、ユニークな企画の源泉は、著者の個性です。
「読者が求める企画をユニークな著者に書いてもらう」が従来の企画のつくり方ですが、「著者の個性から企画を考える」ということができると、もっともっと本の多様性は広がります。著者が「本を出すのは楽しい!」そう思ってもらえたら、もっと本のバリエーションの可能性が広がっていきます。



そんな可能性がある「出版」なのに、多くの人が「自分は出版できない」と思っています。「どうしたら出版できるか」を知らないのです。これは、とてももったいない。



著者の個性は才能であり、また本の企画としてはオリジナリティです。
才能を認識し、本を通じて社会とつながることで多くの著者の方が、さらに輝き、活動の幅を広げている姿をたくさん拝見してきました。

私が、著者に必要な「出版の技術」をお伝えすることで、著者の方には「本を出したい夢」を叶えていただき、かつ、本の世界がより豊かになる。そんな世界を目指して日々活動をしています。

あなたが「伝えたいこと」を出版社の

「この本出したい!」
にするには?

商業出版と聞くと「出版社のニーズや市場に合わせないといけない」「売れるテーマから企画書をつくる」と考えがちです。



するとご自身の「伝えたいこと」からズレていくことも多く、「書けない」「続けられない」「売れない」となり、もがき悩む著者を多くみてきました。



実は、ある「コツ」を押さえることで、あなたが「伝えたいこと」を出版社の「この本を出したい!」という出版企画書にすることができます。



ある「コツ」を取り入れることで、私がサポートする多くの著者が「伝えたいこと」を軸に出版実現を叶えていってくれています。



そのための「4つのコツ」をお伝えします。

コツ1 「あなたの伝えたい!」

「読者の読みたい!」変える



なぜ、「伝えたい!」のままだと企画になりにくいのでしょう?



例えば、健康でいるには、運動・食事・睡眠が大事です!と伝えられても、「そうでしょうね」となりますよね。



人は誰でも、その人にとっての”理想”を語られると反発が起きやすいのです。



一方で、反発に寄り添って伝えられると強い”共感”と”納得”が得られるようになります。 先ほどの例で健康でいるには、日常的な食事の仕方にひと工夫するだけで、スマートな身体に生まれ変わり、恋も仕事もうまくいく!と表現されたら、受け入れやすくなりませんか。



あなたの「伝えたいことは何ですか?」



この心理を活用し、「あなたの伝えたい!」を「読者の読みたい!」に変えていきましょう。



コツ2 プロフィールは、あなたである理由



出版社の編集者は、誰に書いてもらうのか?を考えています。



「この人は面白い人だろうか?」「読者が前のめりになることを伝えられる人だろうか?」という視点で企画書を見ています。



「TOEIC満点攻略法」という本は、TOEICの点数が悪い人には書けないですよね。

「夫と別れて幸せになる方法」という本では、離婚歴のない方には書けません。

プロフィールでは、この企画・この本を
「伝えるにふさわしい存在であること」を表現していく
ことが重要です。
小さくてもご自身の「強み」を魅せることです。

ご自身の「強み」を「企画テーマ」につなげて表現できるように磨いていくことで、「この本をこの著者から読みたい!」となるのです。



コツ3 類書調査であなた独自の

オリジナリティーを見つける



類書というのは、あなたが書きたいと思っているテーマと同ジャンルの本のことです。



すでに多くの本が世に出ている中で、同じ切り口では本になりません。 しかし、毎月800冊以上の新刊が世に出ているということを考えると、必ずあなた独自のオリジナリティーが発揮できる切り口があるのです。 それを見つけるのが、類書調査です。 類書を調べるとあなたのオリジナリティーがわかっていきます。



コツ4 企画の切り口



1~3の要素を組み合わせてくると、自ずと「企画の切り口」という答えが出てきます。



  1. 「マナーの大切さを知ってほしい」「マナーを知らないと損をする」という「伝えたい思い」
  2. 企業のマナー講師+行政の婚活パーティー前のマナー講師というプロフィール
  3. 類書では、マナーから「販売売上アップ」「営業力アップ」「仕事術としてのマナー」などがある
  4. 想い、プロフィール、立ち位置を考えると「シゴトも恋も成功するカギはしぐさにある」
という答え=「企画の切り口」が出てきます。 さらに、

あなたの出版の目的が加わると、

答え=「企画の切り口」はより鮮明になります。
正しい答えを導く方程式を使い、最後は感性で企画を磨いていきます。



あなたの「伝えたい!」を、
出版社の「欲しい!」企画にし、


商業出版ブランディングを

実現しませんか?

商業出版実現プログラム
オンラインセミナー&プログラム
説明会を実施します

このセミナー&説明会では、これまでの成功事例も交えながら、
あなたの知識・スキル・経験を、出版社の「欲しい!」企画にし、
商業出版ブランディングを実現する!方法をお伝えしていきます。
1. あなたの「伝えたい!」を出版社の「出したい!」する企画書づくり
上記でお伝えした「4つのコツ」を更に具体的な事例と共にお伝えしていきます。

毎回、お伝えする度に好評頂いており、これまで出版にチャレンジし、なかなか実現されていない方にも「こんなアプローチがあったのですね!」と喜んで頂いている内容ですので、ぜひ楽しみにしていてください。
2. 本から仕掛けるマーケティング導線
自分の強み・才能、ビジネスや活動と出版する企画に、戦略的な導線を描くことが、最大のカギです。



商業出版の方法を教えるほとんどのスクールやコンサルティングは、「企画書のつくり方」を教えるノウハウしか持っていないので、出版の販促やマーケティング・ブランディングまで一貫した戦略を描くことができないのです。



私は、30年以上出版業界に携わり、大手出版社での経験と3,000人以上の著者にかかわってきた経験から、著者それぞれの個性と状況に合わせた効果的な出版販促・ブランディング戦略をお伝えすることができます。
3. 成功する著者戦略・販促戦略
商業出版は、出版社が「この企画を本にしたい」と思うからこそ、価値があります。



一方、資格試験に合格するような基準のあるものではありません。



出版社がどんなモデルでビジネスをしているのか、編集者がどんな思考で仕事をしているのかを学び、著者から戦略的に商業出版を仕掛け、結果、出版社から「あなたに本を書いてもらいたい」と執筆依頼をもらう。



そのための戦略的方法をお伝えします。



私が500冊以上の本を世に送り出した経験から、出版社の編集者が「この企画を出したい」と思うきっかけ、編集者に企画会議を戦ってもらう方法など、お伝えします。
第一部
オープニング ・当セミナー概要 ・進め方
第二部
商業出版ブランディング 基礎編
第三部
商業出版ブランディング 実践編
第四部
質疑応答・プログラム解説 ・質疑応答 ・ご希望の方にプログラムの解説
商業出版ブランディングを実際に、自分にどのように応用すればいいかイメージがしやすくなるはずです。 それだけではありません。

セミナー参加特典

さらに、実際に商業出版実現プログラム”出版アドベンチャー”で使用しているテンプレートや、著者として活躍するために大切なことが学べる下記特典を進呈します。

このセミナーに参加するだけでも、あなたの商業出版の実現に向けて加速させることができます。

参加者限定の特典内容

セミナー内容と共にプログラムを体感していただくために、
参加者様限定でプレゼントさせていただきます。
金額はプログラム内でのご提供の際の参考価格となります。

重要ポイント3
重要ポイント1
重要ポイント2
重要ポイント3

商業出版実現プログラム

オンラインセミナー&プログラム
説明会

実施概要
受講形式
パソコンやタブレットからzoom受講いただく「オンライン受講」※お申込み後にご案内します
講師
城村典子
定員
10名
受講料
通常価格 5,000円特別割引 3,000円
※予告なく価格を変更する場合がございます。ご了承ください。

セミナー開催日

  • 4月   9日(火)10:00~12:15
  • s
  • 4月20日(土)09:00~11:15
  • 4月30日(火)19:00~21:15(10名)
  • 5月18日(土)09:00~11:15(10名)

オンラインセミナーの
お申し込みはこちら

お名前必須
姓 
名 
メールアドレス必須
メールアドレス確認用必須
お電話番号必須
参加希望日必須
受講料必須
通常価格 5,000円 → 特別割引 3,000円
支払い方法必須
クレジットカード(Paypal)
*次のページから支払いサイトへ移動して、クレジット決済してください。*銀行振込をご希望の場合は備考欄にその旨ご記載ください。メールにて振込口座番号をご連絡させていただきます。*下記「お支払いページへ進む」をクリックして、メールでのご連絡をお待ちください。
備考欄

”出版アドベンチャー” なぜ、この方法を広めているのか?

10年前のことです。

私は「出版したいのに、なぜ出版企画書を書かないのかしら?」と、出版企画書を書いたことがない人にとってハードルが高いことを知らない編集者でした。

今思えば、「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」という著者の気持ち知らずです。

しかし、独立して間もなく、「出版したい」のに出版が実現できていない現状を知ります。

どうして、できないのか?答えはシンプルで、すぐにわかりました。
「やり方を知らない」からなのです。

答えは簡単ですが「やり方」、「実現の方法」を伝えるのは、簡単なことではありませんでした。

出版企画書はどうやって書いたらいいかは、もちろんのこと、その人が成功する企画書にしないといけない。
出版企画書が、出版社から見ていいものであっても、著者にとって成功する出版企画ではないこともある。

「出版社にとっても著者にとっても成功である出版企画をつくる」
これにこだわり続けました。

こうして10年間探求してきました。

セミナーでお伝えするのは、今の集大成、最新の城村の秘伝をお伝えします。

当日をお楽しみください。

セミナーにご出席いただく前に、一つ。

魔法の言葉をお伝えします。

「出版は、アドベンチャー」とは、どういうことか。
それは、「自らが世界を拓く」ということです。

多くの人は、出版社の編集者が見つけてくれるのを待ちます。
それは、間違いです。 自分から進むことで道はできます。

自分から、著者になるための勉強をする。
研究をする、挑戦をすることが大切なことです。

「自分の選んだ道」に自信を持ってください。
そのために、専門家の助言をもらってください。
主役は著者・あなた自身です。

セミナーは、自分の選択に確信を持てる時間になるでしょう。

私が出版をサポートします。

城村 典子