書籍編集者 城村典子のブログ

著者は、Мがちょうどいい?

私と一緒に企画書をつくっている方たち、
どんどん
「もっと、指摘してください!」
と、迫ってくるようになります。
大変、私も話しやすくなってきます。
それは、なぜか。
日頃仕事をバシっとされてる方でも、
高学歴の方でも
「自分の著書」
「自分の企画」
となると、なかなか繊細なもので、
編集者の指摘などには
ちょっとした言葉でも
「一喜一憂」することが多いものです。
私も、独立して、出版社勤務の編集者だったころには
結構無神経だったかもと思いますが、
一歩著者に近づくことで、気が付いてきました。
なので、十分その著者の気持ちはわかりつつ
日頃から
「指摘は、早めに受けておいた方がいいですよね」
とお伝えしています。
著者の方と一緒につくった企画を
版元の編集者に紹介する場面が、多々あるわけですが、
ここは、結構ワクワク、ドキドキの場面。
ファーストインスピレーションが勝負なので
その劇的な一瞬の出会いはいつも気を使います。
それだけに、その前に、ブラッシュアップをしておきたい。
そんな風に、私が眉間にしわを寄せてるからでしょうか、
著者の方が自ら、
「もっと言ってください!」
こう言ってくださるのは、助かります。
そう、編集者との対面でもそうですし、
もっと
本がでてから、読者をがっかりするような本になっては。。。
と思うと、作りこみたくなります。
一緒に出版の企画をつくりましょう!
出版するための情報を発信しています。
こちらをクリックください!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP