書籍編集者 城村典子のブログ

著者になるのは楽しいこと? 怖いこと?

 

本日は、青学の授業がありました。

生徒に2回目のプレゼンをしてもらいました。
実は、先週、1回目のプレゼンの際
自分の発表が終わった後に
「他の方のプレゼンがすごい
  自分は自信がないので、自分には投票しないで」
という生徒がいたのですが
企画に人気があつまり
2回目のプレゼンに選ばれました。
初めてのことに踏み出すのは
勇気のいることです。
一緒に企画書をつくって、話が進んでいる中でも
「ちょっと、待って、考えたい」
という状況は時折あります。
本をだすと決意して、進み始めているけれど
いろんなことがリアルに見えてくると、ストップがかかる
マリッジブルーのような
パブリックブルーというのがあるのかもしれません
そんなときにお奨めしたいのが
・著者と合う、
・出版の環境のセミナーを受ける
そうすると
「出版する」ということがとても自然になるし
すでに本をだしている著者と合うことで
自分のステージが出版の環境にいることが当たり前になるからです
6月の、Jディスカヴァーの勉強会
ご都合の合う、勉強会にぜひいらしてください

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP