書籍編集者 城村典子のブログ

著者になるのにお金は必要?

 

■■著者になるのにお金は必要?

本日は
2冊の著書をもつ、黒木陽斗さんを講師に迎えて
著著者のための 
『使っても減らない5つのお金のルール』セミナーを
開催しました。

 

黒木陽斗さんは
シリコンバレーのビジネスエリートたちが実践する使っても減らない5つのお金のルール』(扶桑社刊)

『金持ちリタイア・貧乏リタイア〜社長より稼ぐサラリーマン大家の不動産投資術』(ぱる出版刊)

の本の著者ですが

直近の本を、担当された、扶桑社の編集者、鈴木さんにも
おこいただき
ぶっちゃけ話をしていただきました。

■■著者になるのに、お金が必要なのか?

すでに、本をだされた著者の姿をみていると
涼しい顔をして
才能豊かで、何も苦労されていないように見えるかもしれません。

実際、ご当人に聞いても苦労話はしないかもしれませんね。

しかし、今日、黒木さんもお話されていましたが
間違いなく、投資は必要だと私は思います。

時間を投資するのか
実際お金を使っても投資をするのか。

結論を言うと
私が、出会う著者の方で
努力をしていない人は、一人もいません。

もちろん投資の額や、時間はそれぞれまちまちです
手法も著者の数だけ、成功パターンがあるようにも感じます。

しかし
著者の成功は、その研究に比例しているように思います。

お金をかけたたから成功するわけでも
時間をつかったから成功するわけでもありませんが

ご自身なりに、どうしたらいい本をつくれる
思いを伝えられるか
どうしたら、広められるかを

研究しなくても、本が売れちゃったという著者がいたとしても
研究しないで「成功した」という著者は皆無だと感じます。

そして、本をつくること広めることを真剣に考えた時間は
とても、意義のある投資で
著者の人生(ビジネスでも、プライベートでも)に対して
いい影響を与えていることは間違いありません。

本をだす前から
著者は、本をだすための努力の中で、
成功をつかんでいると感じます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうぞご登録ください!

著者になるなら、知っておきたい
無料メール講座

「あなたの出版が確実に成功する方法」 (全7回)
http://www.reservestock.jp/subscribe/29193

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP