書籍編集者 城村典子のブログ

出版社のMTGはリラックス

テーブル茶室の講座に行ってきました。

茶室がなくても、日本の伝統文化である茶道に親しむ、楽しむというものです。
茶道の世界は
躙り口(にじりぐち)をくぐって、茶室に入る
ということに象徴されるように
「身分の上下に関係なく、皆、頭を低くしてはいる」
つまり
茶室の中は「平等」という考え方です。
社会の秩序の中に序列などは必要なこともありますが
「この中では平等」という考え方は、柔軟でいいですね。

出版社(編集者)と著者が打合せをする場面も
そうある必要があると思います。
当然、編集者は編集者としてのプロ
著者はそのコンテンツに対してのプロです
両社が双方をリスペクトしつつ
どちらか一方が、へりくだりすぎたり
上からものを言うということなく
議論ができるといいと思います
へりくだりすぎたりするのは
ある種依存でもあります・
プロ同士、いいこだわりで。いい本をつくれたら
いいと思います。
著者になる、出版する情報を発信しています
ご登録ください

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP