書籍編集者 城村典子のブログ

この内容で本になるのでしょうか? と聞きたくなったら

本を出すまでの過程は、楽ではありません。
その道の途中で、
「この内容で本になるのかなあ」と迷ってしまうことも
あるかもしれません。
そして、人に聞きたくなることもあるかもしれません。
でも、出版企画書を人に見てもらって聞くとしたら
「この内容で本になるか」
では、なく
「この企画書読んで、どう感じますか?」
と聞いた方が、いいリサーチができると思います。
と、いうのは、
出版企画書は、もちろん本の内容を表すツールなのですが
内容もさることながら
「どういう人が」
「何を」
「どのように伝えるか」
ということが重要な要素なのです。
例えば、
「ダイエットの企画ですが、本になりますか?」
と言われても
ダイエットの本は、たくさんあるので、本にはなるでしょうけれど
逆に、競争も激しいので
誰が、どのように、伝えるかが重要。
芸能人・有名人などが、ライバルなのですから。
また、一方
「ベビーカメレオンの飼い方の企画は本になるか?」
という問いがあったら
一般論で言ったら
「ないでしょう?」
と答えてしまうかもしれません。
でも
実は、ベビーカメレオンは今ブームで
日本で、これだけファンがいて、
書籍はまだでていない。
自分は、ベビーカメレオンのファンコミュニティーを主催していて
確実に、1000冊は売れる
という話だったら、また話は変わってきます。
なので、
「この内容を伝えるのに、<ふさわしい自分>が書く」というのが大事。
そして、もう一つ
「どのように書くか」
が大事なのです。
その「どのように書くか」
に、オリジナリティがあるかが重要です。
「出版企画書」は、編集者とのコミュニケ―ションツールです。
是非、書き方を学んでください。
いろいろな発見があるはずです。
■■「0から始める出版企画書づくり」■■
のセミナーでは、
出版企画書というけれど、実際どこから書いたらいいの?
というような方のための講座です。
ワークの中で、企画書作成の基礎を身につけます。
後日、提出いただいた企画書に、アドバイスをお返しします。
2冊目以降の著書をお考えの方も適しています!
《日時》5月20日(水)
     19時~21時
《場所》東京都杉並区高円寺南4-26-5
    YSビル3F Studio-J
(JR中央線高円寺駅南口徒歩2分)
    http://urx2.nu/h9eM
《参加費》8000円
《申し込み》 下記をクリック ↓
 「0から始める出版企画書づくり 0520」
 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP