書籍編集者 城村典子のブログ

映画「第9地区」を観ました 〜著者のプロフィールは極力削る〜

 

DVDで「第9地区」を観ました。

地球に難民としてやってきたエイリアン
それを抑圧する人類の対立を描いています。

公開は2014年ですが、今も変わらず難民の問題は地球上の大問題ですね。

この監督ニール・ブロムガンプは、ヨハネスブルグの出身です。
自身が育った環境が、作品に大きく影響しているだろうことは
言わずもがな感じられます。
出身地が、作品の形容詞にもなっています。

プロフィールの書き方は、
そのシーンによって、作戦が異なります。

例えば、営業マンのプロフィールなどでは
なるべく、相手の方との雑談のきっかけが導きやすいように
出身地、出身校、趣味、家族、など、多くの情報を広い範囲に書くこともあります。

書籍のプロフィールは、一般的には、
「このことを伝えるのにふさわしい人」という表現に絞ることが重要です。

例えば、
税理士から中小企業診断士になり、多くの中小企業を救いたいと
コンサルをしている方が
「中小企業経営」の本を書くというケースで、
「趣味が釣りで、土日は家族と過ごす」という情報は必要か?

一方
「主婦が習い事を仕事にする本」という本であれば
いかに、一般的な主婦であるかの表現
家族構成などもある方が効果的です。

というように、プロフィールは、戦略を持って書く必要があります。

イコール、無駄な情報は強力削るといいプロフィールになります。

著者になる。本を出版するための情報を発信しています。
登録はこちら ↓

http://www.reservestock.jp/subscribe/29651

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP