書籍編集者 城村典子のブログ

「私が著者になる授業」が、おススメなわけNo.4   ~共感を喜べる~

私が著者になる授業」第5期の入門編が、先日すべて終了しました。
入門編は2時間半という短い時間で、自分を掘り下げ、
自分の書籍タイトルを決め、3D企画書なる「本」をつくる
というものです。
実践編の2日間でやることを、コンパクトに2時間半で行うのです。
短時間の中で、参加者の方には、頭をフル回転させてもらって
自分の強みをみつけ、タイトルをつけ、装丁を選ぶ、
ということをしてもらいます。
その作業は、ペアであったり、
テーブルを一緒にする参加者同士であったりというチームで行います。
自分のことはなかなか分からず、人から指摘してもらうこと
アドバイスをもらうことが、参考になり
また、人に意見することが、自分の発見にもなります。
本は、出してしまったら書きかえられません。
それだけに、世に出す前に、読者を意識した意見を聞けるのは
とても貴重です。
自分の言葉が。チームメイトの心を掴む。共感を生む。
自分のコンテンツが、読者の心と繋がるポイントがみつかる。
読者との共感の喜びを体験する瞬間をイメージできます。
実践編は、お申し込みが定員に達してしまったため、受付が終了しました。
次回6期の募集開始は、11月頃を予定しています。
メルマガでもお知らせします。
是非、シゴト大学でお会いしましょう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP