書籍編集者 城村典子のブログ

著者はブログとメルマガは必須?

私は、つねづね
「本は、歩いて人に語りかけたりしない」とお伝えしています。
どういう意味かと言いますと・・・
著書が世に出るというのは、大きなできごとです。
でも、そのできごとに、期待しすぎるのは違います。
本がでて、有名になった。
本がでて、お客さんが途切れないようになる。
そんな話を先輩著者から聞いたとしたら
それは、著者が人とのつながり、ファンや顧客、マーケットとのつながりに
日頃から気を配っていたからです。
もちろん
本が、一人歩きする。
思ってもいなかった大ヒット
著者が思っている以上に効果があるということもあります。
しかし、それはアベレージではありません。
現状の出版業界です、
「売れた」本は、2割とも1割とも言われます。
では、どうしたらよいか。
継続して、自著を出版している、
継続して、売れる本を出させている著者の方は
ほとんどの方が、間違いなく、しっかり、本を広める努力をしています。
また
ご自身の発信力を持っています。
それが、顧客名簿であったり、コミュニティーであったり
会員組織であったり、
いずれにしろ、独自のファンを持っているのです。
「私は、それは自信がない!」
でも、今は、フェイスブックや、ブログシステムなど
個人でも、ファンをつくりやすいシステムがあります。
「いやちょっと、恥ずかしい 私はちょっと・・・」
本を出すのですから、もう、表に出てください。
出版社への働きかけの際も、
企画書をうけとったら、
ほとんどの編集者は、著者のHPなりブログなどをクリックするでしょう。
こういう場面でも必須です。
「やり方がわからない!」
という方のために
本の出版に取り組んでいる人のための
ブログ、メルマガセミナーを行います
9月25日 30日の2日間のプログラムです
9月25日(金)18:00~21:00
9月30日(水)18:00~20:30
参加費 12000円
場所は、JR中央線高円寺徒歩2分
http://www.reservestock.jp/events/80940
ぜひ、ご参加ください!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP